人生の教科書



心の健康
服からくるストレスは、大きい。
プラス思考
「吐き出す」
心の健康
どうしてもリラックスできないときには、お酒の力を借りればいい。
気力
見られると、やる気が出る。
気力
忍耐力を鍛えるには、あえて厳しい環境に身を置くことも必要。
心の健康
約束の数をできるかぎり少なくする。
心の健康

のんびり気楽に生きる
30の心の習慣

お気に入り49 読んだ
17

「まあ何とかなるだろう」と、
根拠なく気軽に構える。

「まあ何とかなるだろう」と、根拠なく気軽に構える。 | のんびり気楽に生きる30の心の習慣

責任を背負っている人は、たしかにかっこいい。

 

しかし、背負いすぎてつぶれることになっては、元も子もありません。

鬱病になる人の特徴は、完璧主義で責任感の強い人が多いとのことです。

完璧に責任を果たそうとストレスを背負い続けたため、ある日、精神的な限界がやってきます。

そうならないためにも、普段から「まあ、何とかなるだろう」と考えましょう。

気軽に構えて考えることは、1つのストレス対策です。

ほとんどの場合、何とかなります。

  • 「根拠もないのに、なぜ考えられるのか」

いえ、根拠はあります。

あなたは今まで、何度「大変だ!」と思った瞬間がありますか。

3回ですか。

それとも5回以上ですか。

何回であろうと、今あなたは生きています。

「大変だ」とそのときは思っても、事実、何とかなっています。

場合によって、体や心に傷つくこともあったことでしょうが、命に別条はないはずです。

自分の思う「大変だ」は、軽いと思うことです。

大げさに考えすぎています。

死ぬわけではありません。

その証拠が、今生きているあなたです。

あなたが今、ぴんぴん生きていることは「何とかなるだろう」と思える根拠なのです。

まとめ

のんびり気楽に生きる心の習慣 その17
  • 「何とかなるだろう」と気軽に構える。
言いたいことは、次の日に言うくらいでいい。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品