人生の教科書



プラス思考
「想定外は想定内」
暮らし
週末の予定は、自分から積極的に立てるもの。
ストレス対策
先に予定を立ててしまう。
予定があるから、行動できる。
自分磨き
完璧主義者は、休暇の予定から先に入れよう。
心の健康

のんびり気楽に生きる
30の心の習慣

お気に入り11 読んだ
22

仕事の予定が入る前に、
休暇の予定を先に入れる。

仕事の予定が入る前に、休暇の予定を先に入れる。 | のんびり気楽に生きる30の心の習慣

あなたはスケジュール帳を持っていますか。

持っているなら、どのような使い方をしていますか。

おそらく仕事の主な使い方と言えば、予定を書き込むことです。

公私で必要な予定を書いて、うっかり忘れないように役立てます。

当然です。

 

しかし、実はそれがストレスを大きくさせている原因です。

やらなければいけないことが先にあるため、心のプレッシャーになっているからです。

たくさんの予定がぎっしり詰まっているスケジュール帳を見て「いつ休めるのか」と途方に暮れてしまいます。

やることがたくさんあるのは素晴らしいですが、たくさんありすぎてもいけません。

気が休まる暇がありません。

そこでいい方法があります。

「休暇の予定」から先に入れてしまいます。

用事が入る前に、先に休暇の予定を入れます。

一度休暇の予定を入れれば、必ず守り抜いてください。

「いつか時間ができたら温泉に行きたいな」と思えば、先に週末の欄に「温泉旅行」というスケジュールを先に入れます。

先に休暇の予定があると分かるだけで、気力がみなぎってきます。

抽象的だった休憩できるタイミングが具体的になり、仕事への情熱も燃え上がります。

いつ休めるのか分からないと不安になりますが、休暇の予定が先に入っているなら、体力や時間の調整もつけやすくなります。

マラソンは、ゴールがあるから一生懸命になれます。

仕事も勉強も、休憩の予定があるから、一生懸命になれます。

スケジュール帳にまず書き込まなければいけない予定は「休暇の予定」です。

まとめ

のんびり気楽に生きる心の習慣 その22
  • 休暇の予定を、
    先に入れる。
弱みを隠しているうちは、一生克服できない。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品