人生の教科書



食事マナー
「汁物、ご飯、おかず」の順に食べよう。
受験対策
カボチャの煮物ほど、おいしいレシピはない。
食事マナー
ご飯の上に、おかずを乗せて食べない。
ダイエット
パンよりご飯のほうが、ダイエットが成功しやすい。
心の健康

のんびり気楽に生きる
30の心の習慣

お気に入り0 読んだ
8

よく噛んで食べれば、
おかずなしでもご飯はおいしい。

よく噛んで食べれば、おかずなしでもご飯はおいしい。 | のんびり気楽に生きる30の心の習慣

ご飯を、おかずと一緒に食べている人がほとんどでしょう。

なぜおかずと一緒に食べますか。

  • 「ご飯は味がないから、おかずがないと食べられない」

 

たしかにご飯だけでは味気ないと感じる人も多いのが事実です。

おかずの味に頼ってご飯を食べている人がほとんどです。

 

しかし、です。

実は、ご飯には味があります。

味がない人は、よく噛んでいないからそう感じます。

噛んでいないとご飯に限らず、何でも味気なく感じます。

よく噛むことで、初めてその本来のおいしさが引き出されます。

特に炊きたてのご飯は、おいしいです。

よく噛んで食べれば、おかずなしでも十分おいしく食べられます。

だ液に含まれる酵素によってお米のでんぷん質を分解し、甘みを感じるようになるからです。

噛めば噛むほどだ液もたくさん分泌され、よりおいしく感じられることでしょう。

1回につき、最低20回以上は噛んで食べてみましょう。

噛めば噛むほど、なぜかご飯が甘くなっていくことがはっきり感じられるはずです。

それが本当のご飯のおいしさです。

  • 「こんなにおいしかったのか。今まで気づかなかった」

本来のおいしさに気づき、驚くことでしょう。

よく噛んで食べれば、おかずなしでもご飯はおいしいのです。

まとめ

のんびり気楽に生きる心の習慣 その8
  • よく噛んで、
    ご飯をおかずなしで食べてみる。
勉強部屋に缶詰にならず、外へ遊びに出かけることが大切。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品