感情のコントロールがうまくなる
30の方法

  • すぐ感情的になるのは子供。
    理性で感情を抑えられるのが大人。
感情のコントロールがうまくなる30の方法

すぐ感情的になるのは子供。
理性で感情を抑えられるのが大人。

子供か大人かどうかを決めるのは、年齢ではありません。
年齢は、生まれてから経過した年数に過ぎません。
一般には成人すると大人と見なされますが、だからといって「成人=大人」とは単純に考えるのは注意が必要です。

すぐ感情的になるのは子供。理性で感情を抑えられるのが大人。

第1段階は、軽くなければいけない。

第1段階を実行できないのは、深く考えすぎているからです。
深く考えると、ネガティブな考えに偏るのが定番です。
「やめたほうがいいのでは」と思い始めます。

第1段階は、軽くなければいけない。

期待と不安は、交互にやってくる。
リズムと思えばいい。

期待と不安は、交互にやってくるものです。
期待だけがずっと続けばいいのですが、そんな都合のいい話はありません。
しばらくすれば、不安がやってくるでしょう。

期待と不安は、交互にやってくる。リズムと思えばいい。

想定するなら、最高より最悪。

想定するなら、最高より最悪です。
最高を想定していると、うまくいかなかったときの失望感が大きくなります。
最高が高ければ高いほど、うまくいかなかったとき、ひどく落ち込むことでしょう。

想定するなら、最高より最悪。

やる気は「出そう」と思うと、出なくなる。
「出なくていい」と思うと、出始める。

やる気は「出そう」と思えば思うほど、出なくなる性質があります。
やる気を無理やり出そうとさせるのは、強制です。
人間は、強制が大嫌いです。

やる気は「出そう」と思うと、出なくなる。「出なくていい」と思うと、出始める。

「頑張ろう」という気持ちが、空回りしていないか。

本当に自分が頑張っているのか、確かめるテストがあります。
「達成感のある疲れ」を感じているかどうかです。
疲れは、体でも心でもかまいません。

「頑張ろう」という気持ちが、空回りしていないか。

リスクを取らないことが、最大のリスク。

リスクを取りたくないと思えば、リスクを取ることです。
矛盾しているようですが、現実はそうです。
戦法とは、勝つための計画です。

リスクを取らないことが、最大のリスク。

大差で負けるのは、大差で勝つくらい、気持ちいい。

大差で負けて、まだよかったのです。
「完全に負けた」という状況は、意外に気持ちいいものです。
完全に力の差があり、どうしようもありません。

大差で負けるのは、大差で勝つくらい、気持ちいい。

いらいらは、暴力や破壊にぶつけるのではない。
社会的に価値のある行動にぶつける。

いらいらは、どこにぶつけるかが大切です。
いらいらしたとき、暴力や破壊にぶつけるのはよくありません。
他人に八つ当たりをすれば、喧嘩になるでしょう。

いらいらは、暴力や破壊にぶつけるのではない。社会的に価値のある行動にぶつける。

気合を入れたい瞬間は、椅子の背もたれに寄りかからない。

気合を入れたいときに、椅子の背に寄りかかる姿はふさわしくありません。
椅子の背に寄りかかると、リラックスしてしまい、気合が抜けてしまいます。
友人と歓談するときにはいいのですが、気合を入れる場では不便を招きます。

気合を入れたい瞬間は、椅子の背もたれに寄りかからない。

いらいらしたら冷たい飲み物。
火は水に弱い。

いらいらしている状態を例えるなら、心の中で火が燃えているような状態です。
大きな炎が、めらめら燃えています。
火は、燃え移る性質があります。

いらいらしたら冷たい飲み物。火は水に弱い。

レベルアップしないのは、経験値がまだ一定量に達していないから。

経験を繰り返しても、なかなか自分が変わらないことがあります。
経験すれば、自分にも変化が現れるはずですが、実際は変化がありません。
「行動しても無駄ではないか」と思いますが、ちょっと待ってください。

レベルアップしないのは、経験値がまだ一定量に達していないから。

恥ずかしさを感じるあなたは、素晴らしくなる可能性を秘めている。

恥ずかしさを感じることは、本来、素晴らしいことです。
恥ずかしさとは、自分の動作や態度に不備があり、引け目を感じることです。
顔が赤くなったり、心臓の鼓動が早くなったりします。

恥ずかしさを感じるあなたは、素晴らしくなる可能性を秘めている。

落ち込んでいるときは、落ち込んでもできることをすればいい。

落ち込んでいるときは、どうしますか。
じっとしているのもいいですが、あまり建設的な解決法ではありません。
じっとしていると、変化がないため、落ち込みから回復するまでに時間がかかります。

落ち込んでいるときは、落ち込んでもできることをすればいい。

心の扉には鍵がかかっている。
扉を開ける合言葉は「できる」。

あなたの心は、扉が閉まっています。
その心の扉には鍵もかかっていて、自由に開けることができません。
しかも扉は、1つだけではなく、たくさんの扉があります。

心の扉には鍵がかかっている。扉を開ける合言葉は「できる」。

感情を爆発させて後悔したからといって、すべてが無駄になるわけではない。

感情を爆発させると、必ず後悔します。
感情を爆発させているときはわれを失っていますが、頭が冷えてから振り返ると、猛烈な後悔の念が押し寄せます。
「あんなことしなければよかった」

感情を爆発させて後悔したからといって、すべてが無駄になるわけではない。

以前失敗したことを、再挑戦しよう。
今のあなたは、以前よりレベルが高いのだから。

以前失敗したことに再挑戦するとき、また失敗するとは限りません。
以前失敗したときは、うまくいくだけの余裕がありませんでした。
知識、体力、技術など、余裕がなかったため、うまくいかなかっただけです。

以前失敗したことを、再挑戦しよう。今のあなたは、以前よりレベルが高いのだから。

失敗するなら、中途半端より、完全がいい。

失敗の最大の効用は、教訓が得られることです。
弱点を改善するには、失敗するのが近道です。
失敗するから「なぜ失敗したのか」と考えることができます。

失敗するなら、中途半端より、完全がいい。

失敗するのはいい。
大切なのは、失敗の後、何をするか。

失敗するのはいいのです。
人間は不完全な生き物ですから、失敗もして当然です。
しかし、同じ失敗を繰り返すのはよくありません。

失敗するのはいい。大切なのは、失敗の後、何をするか。

最も心に突き刺さる言葉を言ってくれるのは、自分。

最も心に突き刺さる言葉を言ってくれるのは、誰でしょうか。
親でも、友人でも、先生でもありません。
自分です。

最も心に突き刺さる言葉を言ってくれるのは、自分。

あなたが勝てないのは、かっこよく勝とうとしているから。

あなたが勝てないのは、かっこよく勝とうとしているからです。
勝つときは、かっこよく勝ちたいと思うでしょう。
スポットライトを浴びて、きらびやかな栄光を手にしたいと思うものです。

あなたが勝てないのは、かっこよく勝とうとしているから。

負け方がかっこ悪いのは、本気を出していないから。

負け方がかっこ悪いのは、本気を出していないからです。
どうせ負けるなら、かっこよく負けようと思います。
少しでもぶざまな姿を見られないように、試合中から試合後のことを考え、そわそわします。

負け方がかっこ悪いのは、本気を出していないから。

体調が悪いとき、素直に休めるのがプロ。

体調が悪いにもかかわらず、無理に仕事を進めるのはプロでありません。
根性を見せれば、プロらしく見えますが、誤解です。
体力勝負で無理やり勧めようとするのは、なおさら体調管理が不十分です。

体調が悪いとき、素直に休めるのがプロ。

いらなくなった新聞や雑誌は、怒りの発散に活用できる。

怒りを感じたときは、何かにぶつかりたい気持ちがあるでしょう。
問題は、怒りをぶつける方向です。
人にぶつければ、喧嘩になり、人間関係にひびが入ります。

いらなくなった新聞や雑誌は、怒りの発散に活用できる。

行動のコントロールも、感情のコントロールの1つ。
感情が高ぶったときは、一度その場から離れよう。

「感情が高ぶって仕方ない! 早く落ち着きを取り戻したい!」
そんなときは、一度その場所から離れましょう。
同じ場所でじっとしていると、なかなか気持ちが切り替わりません。

行動のコントロールも、感情のコントロールの1つ。感情が高ぶったときは、一度その場から離れよう。

理解されないことを、1つくらい持っておいたほうがいい。

すべてを理解されようとしないことです。
すべてを理解されても、面白くありません。
「それはわかっている」「知っている」「見たことがある」ばかりでは、白けます。

理解されないことを、1つくらい持っておいたほうがいい。

人生の答えは、探すのではなく、作っていくもの。

人生は、答えのないことばかりです。
学校の勉強とは違い、人生では、あらかじめ答えが用意されていません。
どんなに大型の書店でも、あなたに関する本はありません。

人生の答えは、探すのではなく、作っていくもの。

なぜ私たちは「大切」とわかっていても、見落としてしまうのか。

なぜ私たちは「大切」とわかっていても、見落としてしまうのでしょうか。
それは「当たり前」と思う心理に隠されています。
一般的に、重要であることほど、頻繁に目にします。

なぜ私たちは「大切」とわかっていても、見落としてしまうのか。

今の時代、触れる文章すべて、一期一会。

今は、情報社会と言われています。
インターネットができたおかげで、世界中の情報が手に入るようになりました。
携帯電話ができたおかげで、どこでも情報が入手できるようになりました。

今の時代、触れる文章すべて、一期一会。

本を読んでやる気が出れば、すぐ実行。
いつもできないことが、今ならできる。

本は、気力の塊です。
作家の気持ちがたくさん込められています。
本を読むと、作家の訴えが伝わるため、胸が熱くなったりやる気が出たりするのです。

本を読んでやる気が出れば、すぐ実行。いつもできないことが、今ならできる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION