人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

受験勉強集中力
30方法

お気に入り27 読んだ
13

目覚まし時計ったら、
すぐきる習慣をつける

目覚まし時計が鳴ったら、すぐ起きる習慣をつける。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

間は、面白い生き物です。

つくづくそう感じた、ある実体験を1つご紹介します。

もしかしたらあなたにもすでに経験があるかもしれません。

ある日、朝早くに勉強をしようと、朝4時に目覚まし時計をセットしていました。

セットしたとおり、4時にベルがなり始めました。

当初「4時に起きるぞ」と気合を入れていたので、鳴ってすぐ起きていました。

変化が起き始めたのは、1週間後くらいからです。

朝眠いので「もう5分してから」と思って、5分後に起きるようになりました。

毎日、ベルが鳴ってから5分後に起きるのが当たり前になったら最後です。

だらけ始めた心は、どんどんだらけ始めていきます。

悪循環になると、抜け出すのが大変です。

最初は4時5分に起きていたのが、慣れてくると4時10分になり、4時20分になり4時30分になり、5時になります。

ついには、目覚まし時計を無意識のうちに止めてしまう、という偉業を達成している自分がいます。

ベルが鳴っているのに気づかないほど、だらしなくなっては終わります。

あなたにも似た経験はありませんか。

特に目覚まし時計が鳴っているのに、無意識のうちに止めてしまうようになったときには、自分でもかなりショックでした。

泥棒か誰かがこっそり部屋に入って、代わりに止めてくれたのかなと思いました。

人間は、つくづく面白い生き物です。

おっと、のんきなことを言っている場合ではありませんね。

そもそも事の発端は、いつからでしょうか。

眠いから「あと5分」と油断し始めたときからです。

ここを境に「あと5分」が「あと10分」になり「あと10分」が「あと20分」へと悪化していきました。

悪化しないためには、どうすればいいのでしょうか。

 

「ベルが鳴った瞬間に起きるというルールを死守すること」です。

 

これは習慣です。

「鳴り始めた瞬間に起きる」という約束を、一度の例外も許さず、とにかく死守しましょう。

もう少しくらい、と思ってしまうと、だらしない心はどんどんだらしなくなります。

例外なしで毎日きちんと起きていれば、悪化していくこともないのです。

受験勉強の集中力を出す方法 その13

  • ベルった瞬間きるというルール死守する
自分に嘘をついて、いい意味で自分を騙す。

もくじ
(受験勉強の集中力を出す30の方法)

同じカテゴリーの作品