人生の教科書



心の健康
「まあ何とかなるだろう」と、根拠なく気軽に構える。
ストレス対策
考えても分からないことは、すぐ答えを聞いてもいい。
心の健康
当たり前の感謝に気づく人は、心がきれいな人。
心の健康
言いたいことは、次の日に言うくらいでいい。
心の健康

のんびり気楽に生きる
30の心の習慣

お気に入り30 読んだ
12

考えても分からないことに悩んでも、
仕方ない。

考えても分からないことに悩んでも、仕方ない。 | のんびり気楽に生きる30の心の習慣

「悩んでいても仕方ない」ということがあります。

  • 「自分の前世は、何なのか」

  • 「自分の守護霊は、何なのか」

  • 「いつ結婚するのだろうか」

  • 「いつ死ぬのだろうか」

将来が気になるのは分かります。

いくら考えても分からないこともあれば、そのうち自然と分かる答えもあります。

 

しかし、それらは、今、悩むことではありません。

いえ、悩んでいても仕方ないことです。

悩むところではないところに悩んでいるから、今疲れます。

分からないことは、分からないままにしておけばいい。

ほうっておけばいい。

今すべて分かってしまえば、将来の楽しみがなくなります。

将来になって分かることは、そのときを楽しみにして、今はどんと構えて待っていればいい。

すると肩の荷がすっと下りていきます。

そもそも考えても分からないことを一生懸命考えているから、疲れていました。

初めから考える必要はありません。

「考えるのをやめる」というのも、大切な生き方なのです。

まとめ

のんびり気楽に生きる心の習慣 その12
  • 分からないことを考えるのを、
    やめる。
「緩」も「急」も、どちらも必要不可欠。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品