執筆者:水口貴博

人生の節目に強くなる
30の方法

30
0

人生は、
エスカレーターと同じ。
踏み出すタイミングは、
だいたい合っていればいい。

人生は、エスカレーターと同じ。踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。 | 人生の節目に強くなる30の方法

幼少期を思い出してください。

まだ幼いあなたは、エスカレーターを乗るとき、恐怖を感じてどきどきしていたでしょう。

エレベーターの前で立ち止まり、動いている床をじっと見つめます。

「タイミングがずれたら大変なことになる。けがをするかもしれない。死ぬかもしれない」

そんなことを心配しながら、はらはらどきどきしていたでしょう。

踏み出すタイミングを見計らって「えい!」と飛び乗っていたはずです。

子どものころは、エレベーターに乗るだけでも大きなチャレンジでした。

ところがあるときから、だんだん乗り方に慣れてきます。

結局のところタイミングは、だいたい合っていればいいことに気づくのです。

1歩でも1秒でもタイミングがずれたら大変なことになると思っていましたが、そんなことはありませんでした。

ちょうどいいタイミングはありますが、少しくらいずれても問題ありません。

転ぶわけでもけがをするわけでもありません。

位置が少しずれても、エレベーターの上で微調整すればいいだけです。

そもそも手すりがあるので、よろけても平気なのです。

「タイミングはだいたい合っていればOK」ということがわかってきて、いつの間にか怖くも何ともなくなっているのです。

きっと今のあなたなら、目をつぶってもエレベーターに乗れるはずです。

手すりをつかんでいれば、足元がずるっとなっても立て直せるでしょう。

そのくらい適当なタイミングでいいのです。

人生もエレベーターと同じです。

「少しでもタイミングがずれたら大変なことになる。けがをするかもしれない。死ぬかもしれない」と思いますが、考えすぎです。

もちろん無駄や非効率はあるでしょうが、それだけのことです。

まったく重大ではありません。

タイミングがずれたとしても、後から微調整すればいいだけです。

だいたい合っていればいい。

少しずれていても、なんだかんだで何とかなります。

もうベストタイミングを待つのはやめましょう。

ベストタイミングを待ったまま、じっと動かないでいることのほうがもったいない。

大切なことは「今すぐ踏み出すこと」です。

まず前に踏み出しましょう。

「だいたいこのあたりかな」と思ったら、それが正解です。

タイミングはだいたい合っていればいいのですから、一刻も早く踏み出すことに重点を置いてください。

踏み出さないかぎり、何も始まらず、何も変わりません。

踏み出せば、その瞬間から始まり、未来が変わります。

前に踏み出せば、仕事の半分は終了したようなもの。

タイミングが悪くても、後から微調整をすれば間に合います。

踏み出すタイミングはだいたい合っていればいいとわかれば、人生がどんどん前に進みます。

人生の節目に強くなる方法(30)
  • 「タイミングはだいたい合っていれば良し」と考え、まず前に踏み出す。
まとめ

人生の節目に強くなる30の方法
人生の節目に強くなる30の方法

  1. 計画は慎重に。<br>行動は大胆に。
    計画は慎重に。
    行動は大胆に。
  2. 人生の曲がり角に直面したら、素直に曲がるだけでいい。<br>新しい景色は、曲がり角の先にある。
    人生の曲がり角に直面したら、素直に曲がるだけでいい。
    新しい景色は、曲がり角の先にある。
  3. 好きなことに関係している道は、すべて正しい。
    好きなことに関係している道は、すべて正しい。
  4. 一面的な見方はしない。<br>多面的な見方をする。
    一面的な見方はしない。
    多面的な見方をする。
  5. じっとしているだけでは、何も変わらない。
    じっとしているだけでは、何も変わらない。
  6. 降りなければ、行き先は変えられない。
    降りなければ、行き先は変えられない。
  7. 子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。<br>大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
    子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。
    大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
  8. 勝負所でブレーキを踏まない。<br>アクセルを踏む。
    勝負所でブレーキを踏まない。
    アクセルを踏む。
  9. 考えても仕方ないことは、考えない。
    考えても仕方ないことは、考えない。
  10. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  11. 無難な選択は、無難な未来しかやってこない。<br>人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
    無難な選択は、無難な未来しかやってこない。
    人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
  12. 出無精であっても、運動不足は解消できる。
    出無精であっても、運動不足は解消できる。
  13. 人はみな、デザイナー。<br>自分のライフスタイルをデザインしている。
    人はみな、デザイナー。
    自分のライフスタイルをデザインしている。
  14. 友人が減ったのではない。<br>本当の友人が残ったのだ。
    友人が減ったのではない。
    本当の友人が残ったのだ。
  15. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  16. 引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
    引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
  17. 1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。<br>どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
    1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。
    どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
  18. 師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
    師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
  19. アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。<br>メモの習慣があるから、アイデアが出る。
    アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。
    メモの習慣があるから、アイデアが出る。
  20. いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
    いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
  21. 褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
    褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
  22. 書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
    書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
  23. 矛盾した行動を取っていませんか。
    矛盾した行動を取っていませんか。
  24. サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
    サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
  25. 値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
    値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
  26. 挑戦も勇気。<br>中止撤退も勇気。
    挑戦も勇気。
    中止撤退も勇気。
  27. 自分が決めた道であっても、間違えることはある。
    自分が決めた道であっても、間違えることはある。
  28. 階段は「適度な運動」ができる場所。<br>階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
    階段は「適度な運動」ができる場所。
    階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
  29. ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。<br>人生は帳尻が合うようにできている。
    ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。
    人生は帳尻が合うようにできている。
  30. 人生は、エスカレーターと同じ。<br>踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。
    人生は、エスカレーターと同じ。
    踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION