執筆者:水口貴博

人生の節目に強くなる
30の方法

19
1

アイデアが出るから、
メモの習慣があるのではない。
メモの習慣があるから、
アイデアが出る。

アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。メモの習慣があるから、アイデアが出る。 | 人生の節目に強くなる30の方法

アイデアを考えるうえで「メモ」は必要不可欠の習慣です。

にもかかわらず、なかなかアイデアが出ないと嘆く人に限って、メモの習慣がないことが多い。

これではアイデアが出なくて当然です。

メモの習慣がなければ、アイデアは出にくくなります。

良いアイデアが出ても、スルーになります。

後からやってみようと思っても、そのときは忘れています。

アイデアが出てからノートを買うようでは間に合いません。

買いに行く途中でアイデアを忘れてしまい「何か思いついたけど忘れてしまった」となります。

これではないも同然です。

メモの習慣を心がけ、いつでもメモができる体勢を整えておくことです。

アナログ・デジタルのどちらでもかまいません。

紙のノートが合っているなら、日頃から持ち歩き、いつでもメモができるようにしておくことです。

紙の感触やペンの書き心地を好む人もいるでしょう。

大きさが気になるなら、小さなノートでもかまいません。

ノートが厳しいなら、A4のプリント用紙でもいいのです。

スマホやパソコンにメモする習慣も悪くありません。

スマホのメモ機能も十分役立ちます。

バッテリーの残量を気にするデメリットはあるものの、日頃から持ち歩いているので、気軽にメモができるでしょう。

デスクワークをしているなら、パソコンでメモを取るほうが便利でしょう。

アプリを使えば、文字はもちろん、絵を描いたり色付けしたりすることも可能です。

デジタルであっても、メモ機能は十分パワフルです。

大切なのはあくまでメモの習慣であり、手段は自由です。

アイデアはいつどこで思い浮かぶかわかりません。

移動時間や帰宅途中で浮かぶこともあります。

だからこそ、メモの習慣が欠かせません。

メモの習慣があれば、頭のストッパーが外れます。

「いつアイデアが浮かんでも大丈夫」という安心感によって、頭の回転がよくなるのです。

また無意識にアイデアを生み出す力も高まります。

「どこかにネタはないだろうか」「何かに応用できないか」という目になって、想像力や発想力が刺激されます。

自然と五感と感性が研ぎ澄まされ、結果としてアイデアが出やすくなるのです。

アイデアが出るから、メモの習慣があるのではありません。

メモの習慣があるから、アイデアが出るのです。

メモが面倒くさいと思っている場合ではありません。

1つのアイデアが巨万の富を生む可能性があるのですから、身につけない手はありません。

アイデアパーソンとして活躍している人には、必ずメモの習慣があります。

エジソンの発明もノーベル賞の偉業も、1つのアイデアから生まれたものばかりです。

ぜひメモの習慣を身につけましょう。

メモの習慣があることで、アイデアが生まれやすい脳に変わります。

「無意識にメモを取ってしまう」「気づいたらメモをしていた」という状態になれば理想的です。

メモの習慣が身につくと、あなたの人生は変わります。

人生の節目に強くなる方法(19)
  • メモの習慣を身につける。
いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。

人生の節目に強くなる30の方法
人生の節目に強くなる30の方法

  1. 計画は慎重に。<br>行動は大胆に。
    計画は慎重に。
    行動は大胆に。
  2. 人はみな、デザイナー。<br>自分のライフスタイルをデザインしている。
    人はみな、デザイナー。
    自分のライフスタイルをデザインしている。
  3. 好きなことに関係している道は、すべて正しい。
    好きなことに関係している道は、すべて正しい。
  4. 一面的な見方はしない。<br>多面的な見方をする。
    一面的な見方はしない。
    多面的な見方をする。
  5. じっとしているだけでは、何も変わらない。
    じっとしているだけでは、何も変わらない。
  6. 降りなければ、行き先は変えられない。
    降りなければ、行き先は変えられない。
  7. 子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。<br>大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
    子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。
    大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
  8. 勝負所でブレーキを踏まない。<br>アクセルを踏む。
    勝負所でブレーキを踏まない。
    アクセルを踏む。
  9. 考えても仕方ないことは、考えない。
    考えても仕方ないことは、考えない。
  10. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  11. 無難な選択は、無難な未来しかやってこない。<br>人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
    無難な選択は、無難な未来しかやってこない。
    人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
  12. 出無精であっても、運動不足は解消できる。
    出無精であっても、運動不足は解消できる。
  13. 世の中に「ただの○○」は1つもない。<br>どんなことにも「奥」がある。
    世の中に「ただの○○」は1つもない。
    どんなことにも「奥」がある。
  14. 友人が減ったのではない。<br>本当の友人が残ったのだ。
    友人が減ったのではない。
    本当の友人が残ったのだ。
  15. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  16. 引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
    引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
  17. 1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。<br>どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
    1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。
    どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
  18. 師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
    師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
  19. アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。<br>メモの習慣があるから、アイデアが出る。
    アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。
    メモの習慣があるから、アイデアが出る。
  20. いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
    いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
  21. 褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
    褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
  22. 書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
    書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
  23. 矛盾した行動を取っていませんか。
    矛盾した行動を取っていませんか。
  24. サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
    サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
  25. 値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
    値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
  26. 挑戦も勇気。<br>中止撤退も勇気。
    挑戦も勇気。
    中止撤退も勇気。
  27. 自分が決めた道であっても、間違えることはある。
    自分が決めた道であっても、間違えることはある。
  28. 階段は「適度な運動」ができる場所。<br>階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
    階段は「適度な運動」ができる場所。
    階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
  29. ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。<br>人生は帳尻が合うようにできている。
    ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。
    人生は帳尻が合うようにできている。
  30. 人生は、エスカレーターと同じ。<br>踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。
    人生は、エスカレーターと同じ。
    踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION