スキル

時間を増やす
30の方法

1
17

「マイペース」と
「だらだらしたペース」は似て非なるもの。

「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。 | 時間を増やす30の方法

人生で大切なのは、マイペースです。

マイペースは、ベストペース。

マイペースとは「周囲にとらわれず、自分に適した速度で物事を進めること」をいいます。

仕事でも勉強でもスポーツでも、マイペースが大事と言われています。

無理をしたところで長続きしません。

自分に合ったペースだからこそ、無理なく長続きします。

マイペースは、最も自分に合っているペースなので、長続きしたり、パフォーマンスを発揮しやすかったりします。

マラソンではマイペースで走るからフィニッシュできるように、仕事もマイペースだからこそ、最高の結果を達成できます。

 

しかし、マイペースを心がける上で注意したいことがあります。

マイペースとはいえ、だらだらしたペースになるのはよくありません。

「だらだらしたペースがマイペースだ」と思う人もいるかもしれませんが、それは違うのです。

「マイペース」と「だらだらしたペース」は別物です。

 

マイペースとだらだらしたペースの違いとは

 

マイペースは本来、適度な緊張感があります。

エネルギーの使い方が最適な状態になって、安定性があります。

気持ちが引き締まっているため、自分にとって最適なペースが保たれ、時間の無駄がありません。

そのため、マイペースで行うと、長く安定して続けることができるため、最高の結果を出せるようになります。

 

一方、だらだらしたペースは、緊張感がありません。

惰性と怠慢の塊です。

心も気持ちも緩んでいるため、ペースが不規則です。

エネルギーの使い方も不安定で、時間の無駄が発生します。

その上、ミスや失敗をしやすくなり、仕事の質を下げてしまいます。

そのため、だらだらしたペースで仕事をしていると、素晴らしい結果を出せません。

だらだらしたペースのせいで、最低の結果をもたらす可能性もあるのです。

 

 

マイペースはOK、だらだらしたペースはNG

 

「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。

それぞれ区別してください。

マイペースは最高の結果を発揮できますが、だらだらしたペースは最低の結果を出す可能性があります。

「マイペースだからだらだらしてもいいよね」と思っている人がいるなら、すぐ考えを改めたほうがいいでしょう。

マイペースで達成した偉業はあっても、だらだらしたペースで達成した偉業はありません。

マイペースはOKですが、だらだらしたペースはNGです。

 

心がけるなら、マイペースです。

心と気持ちが引き締まっていて、適度な緊張感が伴っているからこそ、最高の結果を発揮できます。

マイペースとはいえ、だらだらしたペースになってはいけないのです。

時間を増やす方法(17)
  • 「マイペース」と「だらだらしたペース」を区別する。
隙間時間だけでは、成功できない。
成功するためには、まとまった時間が必要。

もくじ
時間を増やす30の方法
「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。 | 時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 頭の回転が速いから、即答ができるのではない。<br>即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
    頭の回転が速いから、即答ができるのではない。
    即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品