執筆者:水口貴博

人生の節目に強くなる
30の方法

10
1

「マイペース」と
「だらだらしたペース」は似て非なるもの。

「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。 | 人生の節目に強くなる30の方法

人生で大切なのは、マイペースです。

マイペースは、ベストペース。

マイペースとは「周囲にとらわれず、自分に適した速度で物事を進めること」をいいます。

仕事でも勉強でもスポーツでも、マイペースが大事といわれています。

無理をしたところで長続きしません。

自分に合ったペースだからこそ、無理なく長続きします。

マイペースは、最も自分に合っているペースなので、長続きしたり、パフォーマンスを発揮しやすかったりします。

マラソンではマイペースで走るからフィニッシュできるように、仕事もマイペースだからこそ、最高の結果を達成できます。

しかし、マイペースを心がけるうえで注意したいことがあります。

マイペースとはいえ、だらだらしたペースになるのはよくありません。

「だらだらしたペースがマイペースだ」と思う人もいるかもしれませんが、それは違うのです。

「マイペース」と「だらだらしたペース」は別物です。

マイペースとだらだらしたペースの違いとは

マイペースは本来、適度な緊張感があります。

エネルギーの使い方が最適な状態になって、安定性があります。

気持ちが引き締まっているため、自分にとって最適なペースが保たれ、時間の無駄がありません。

そのため、マイペースで行うと、長く安定して続けることができるため、最高の結果を出せるようになります。

一方、だらだらしたペースは、緊張感がありません。

惰性と怠慢の塊です。

心も気持ちも緩んでいるため、ペースが不規則です。

エネルギーの使い方も不安定で、時間の無駄が発生します。

そのうえミスや失敗をしやすくなり、仕事の質を下げてしまいます。

そのため、だらだらしたペースで仕事をしていると、素晴らしい結果を出せません。

だらだらしたペースのせいで、最低の結果をもたらす可能性もあるのです。

マイペースはOK、だらだらしたペースはNG

「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。

それぞれ区別してください。

マイペースは最高の結果を発揮できますが、だらだらしたペースは最低の結果を出す可能性があります。

「マイペースだからだらだらしてもいいよね」と思っている人がいるなら、すぐ考えを改めたほうがいいでしょう。

マイペースで達成した偉業はあっても、だらだらしたペースで達成した偉業はありません。

マイペースはOKですが、だらだらしたペースはNGです。

心がけるなら、マイペースです。

心と気持ちが引き締まっていて、適度な緊張感が伴っているからこそ、最高の結果を発揮できます。

マイペースとはいえ、だらだらしたペースになってはいけないのです。

人生の節目に強くなる方法(10)
  • 「マイペース」と「だらだらしたペース」を区別する。
無難な選択は、無難な未来しかやってこない。
人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。

人生の節目に強くなる30の方法
人生の節目に強くなる30の方法

  1. 計画は慎重に。<br>行動は大胆に。
    計画は慎重に。
    行動は大胆に。
  2. 人はみな、デザイナー。<br>自分のライフスタイルをデザインしている。
    人はみな、デザイナー。
    自分のライフスタイルをデザインしている。
  3. 好きなことに関係している道は、すべて正しい。
    好きなことに関係している道は、すべて正しい。
  4. 一面的な見方はしない。<br>多面的な見方をする。
    一面的な見方はしない。
    多面的な見方をする。
  5. じっとしているだけでは、何も変わらない。
    じっとしているだけでは、何も変わらない。
  6. 降りなければ、行き先は変えられない。
    降りなければ、行き先は変えられない。
  7. 子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。<br>大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
    子どものころによく読んだ漫画を、久しぶりに読んでみる。
    大人になってから読むと、新しい気づきに恵まれる。
  8. 勝負所でブレーキを踏まない。<br>アクセルを踏む。
    勝負所でブレーキを踏まない。
    アクセルを踏む。
  9. 考えても仕方ないことは、考えない。
    考えても仕方ないことは、考えない。
  10. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  11. 無難な選択は、無難な未来しかやってこない。<br>人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
    無難な選択は、無難な未来しかやってこない。
    人生を変えたいなら、リスキーな選択が必要。
  12. 出無精であっても、運動不足は解消できる。
    出無精であっても、運動不足は解消できる。
  13. 世の中に「ただの○○」は1つもない。<br>どんなことにも「奥」がある。
    世の中に「ただの○○」は1つもない。
    どんなことにも「奥」がある。
  14. 友人が減ったのではない。<br>本当の友人が残ったのだ。
    友人が減ったのではない。
    本当の友人が残ったのだ。
  15. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  16. 引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
    引き継ぎをきちんとすると、転職先でもうまくいく。
  17. 1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。<br>どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
    1歩でフルマラソンをフィニッシュするのは不可能。
    どんなマラソンランナーも、1歩を繰り返しているだけ。
  18. 師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
    師弟関係があっても、師匠を尊敬できなくなったら解消していい。
  19. アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。<br>メモの習慣があるから、アイデアが出る。
    アイデアが出るから、メモの習慣があるのではない。
    メモの習慣があるから、アイデアが出る。
  20. いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
    いつも直前になって、ドタキャンで逃げていませんか。
  21. 褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
    褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。
  22. 書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
    書類の束を整理すると、失念していた仕事が見つかる。
  23. 矛盾した行動を取っていませんか。
    矛盾した行動を取っていませんか。
  24. サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
    サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。
  25. 値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
    値段が高いと感じるものは、本当に欲しいものではない。
  26. 挑戦も勇気。<br>中止撤退も勇気。
    挑戦も勇気。
    中止撤退も勇気。
  27. 自分が決めた道であっても、間違えることはある。
    自分が決めた道であっても、間違えることはある。
  28. 階段は「適度な運動」ができる場所。<br>階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
    階段は「適度な運動」ができる場所。
    階段を使うたびに、運動ができたことを喜ぼう。
  29. ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。<br>人生は帳尻が合うようにできている。
    ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。
    人生は帳尻が合うようにできている。
  30. 人生は、エスカレーターと同じ。<br>踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。
    人生は、エスカレーターと同じ。
    踏み出すタイミングは、だいたい合っていればいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION