執筆者:水口貴博

心の霧が晴れる
30の言葉

17
3

買い物で商品を受け取るとき、
きちんと感謝するあなたは素晴らしい。

買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。 | 心の霧が晴れる30の言葉

買い物の際、レジでのやりとりを思い出してください。

無言で商品を受け取っていませんか。

悪いことをしているわけではありません。

きちんとお金を支払い終えれば、お会計は完了です。

無言で商品を受け取ってもまったく問題はありません。

しかし、感じがいいとは言いがたいでしょう。

「お金を払っている立場なのだから、感謝されるのはこちらのほうだ」

そう思っているなら考え直したほうがいいでしょう。

「お客なのだから」「お金を払っている立場なのだから」と考えているのは傲慢な態度です。

ふんぞり返っている状態であり、印象がよくありません。

お金を払った立場だからといって偉そうにしているお客さんは、お店から嫌われます。

お金を払う立場であっても、やはりお礼は必要です。

売り手がいるおかげで成立する

お金を払っている立場とはいえ、謙虚さは必要です。

自分だけでは買い物ができません。

商取引は、売り手・買い手の双方がいることで成立します。

そのお店のおかげで、素晴らしい商品を手に入れました。

その店員さんがいるおかげで、気持ちよく買い物ができました。

お金を払う側であっても、商品を受け取るときには「ありがとう」とお礼を言うことが大切です。

「おかげでよい買い物ができました」という意味で感謝しましょう。

商品を受け取るとき、一言お礼を言うだけです。

「ありがとうございました」

笑顔で言えればパーフェクトです。

店員さんもにっこり笑顔を返してくれるでしょう。

買い物の後、気持ちのいい余韻が続きます。

余裕があれば、感謝の言葉にもう一言加えよう

感謝の言葉にもう一言加えれば完璧です。

「いい買い物ができました」

「また来ますね」

「友人に紹介しておきますね」

「今度は友人を連れてきます」

相手は感動してくれ、完全にあなたのことを覚えてくれるでしょう。

お店から「よいお客様」として認定されるに違いありません。

気持ちよく買い物を終えるためにも、きちんとお礼を言っておくほうが丁寧です。

小さな買い物のときでも、心がけは同じ

大きな買い物のときだけでなく、小さな買い物のときも、心がけは同じです。

たとえコンビニでちょっとした買い物をするときも、商品を受け取る際はお礼を言いたい。

安い商品であっても、お店や店員さんがいるおかげで成り立つ買い物です。

たった10円の買い物でも、受け取るときは、きちんとお礼を言いましょう。

きちんと感謝できる人は、素晴らしい人

お礼を言わなくて嫌われることはあっても、言って嫌われることはありません。

あなたの好印象につながるのは間違いありません。

きちんと感謝できる人は、素晴らしい人です。

当たり前の習慣として身につけておきましょう。

買い物で商品を受け取るとき、感謝するあなたは素晴らしいのです。

心の霧が晴れる言葉(17)
  • 商品を受け取るときは、きちんとお礼を言う。
椅子は、あなたを陰で支える存在。
たまにはお世話をしよう。

心の霧が晴れる30の言葉
心の霧が晴れる30の言葉

  1. 現実がつらいから、逃げるのではない。<br>逃げるから、現実がつらくなるのだ。
    現実がつらいから、逃げるのではない。
    逃げるから、現実がつらくなるのだ。
  2. 自信は後からついてくるもの。<br>自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
    自信は後からついてくるもの。
    自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
  3. あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
    あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
  4. 気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
    気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
  5. 白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
    白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
  6. いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
    いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
  7. 「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。<br>「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
    「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。
    「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
  8. 頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
    頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
  9. 次々トラブルが起こることを恨まない。<br>「そういうもの」と考える。
    次々トラブルが起こることを恨まない。
    「そういうもの」と考える。
  10. 性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
    性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
  11. かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
    かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
  12. 非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
    非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
  13. 心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
    心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
  14. 「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
    「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
  15. 使い終わったチケットも、思い出の品になる。
    使い終わったチケットも、思い出の品になる。
  16. 迷うことは、どちらでもいいということ。
    迷うことは、どちらでもいいということ。
  17. 買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
    買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
  18. 椅子は、あなたを陰で支える存在。<br>たまにはお世話をしよう。
    椅子は、あなたを陰で支える存在。
    たまにはお世話をしよう。
  19. がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
    がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
  20. 結果が出なかったのではない。<br>まだ結果が出ていないだけだ。
    結果が出なかったのではない。
    まだ結果が出ていないだけだ。
  21. じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
    じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
  22. 無知に気づくことも勉強。<br>勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
    無知に気づくことも勉強。
    勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
  23. 脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
    脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
  24. なぜやる気が出ないのか。<br>やりたいことではないからだ。
    なぜやる気が出ないのか。
    やりたいことではないからだ。
  25. 時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
    時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
  26. 本当に好きなことは、損得を考えない。
    本当に好きなことは、損得を考えない。
  27. 幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。<br>感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
    幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。
    感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
  28. どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。<br>前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
    どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。
    前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
  29. 嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
    嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
  30. つらい過去は、積極的に忘れていい。
    つらい過去は、積極的に忘れていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION