執筆者:水口貴博

心の霧が晴れる
30の言葉

2
16

自信は後からついてくるもの。
自信をつけるより、
結果を出すことに集中しよう。

自信は後からついてくるもの。自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。 | 心の霧が晴れる30の言葉

自信がなくて悩んでいませんか。

「自信がないからできません」

「自信がないのでやめておきます」

ときどき弱音を吐く人がいます。

もちろん自信がないのは悩ましい問題でしょう。

自信がなければアクションを起こせず、どうしようもないように思えます。

自信がないと、自己肯定感まで下がっていき、自分のことが嫌いになってしまいます。

「今すぐ自信をつける方法はないだろうか」と、わらをもつかむ思いになることもあるでしょう。

しかし、ここで大切な基本があります。

いきなり自信をつけようとするのではありません。

自信がないことに悩むくらいなら、まず結果を出すことに集中しましょう。

自信は、後からついてくるものだからです。

自信がついてほしいと思うだけでは自信はつかない

「自信がついてほしい」と思うだけでは自信はつきません。

祈ったり願ったりするだけで自信がつくなら誰も苦労しません。

思い込むくらいならできますが、しょせん思い込みです。

実力がないまま大仕事に臨んだところで、あっさり玉砕するだけです。

どうすれば自信をつけることができるのか。

自信は「成功体験の積み重ね」によってついてきます。

成功体験の積み重ねとは、結果です。

いきなり大きくて難しいことに取り組む必要はありません。

最初は、小さく簡単なことでいいのです。

できることから取り組んで、まず小さな結果を出しましょう。

小さな結果でも、結果は結果です。

小さな結果を出し続けていれば、だんだん実力が身についてきます。

少しずつハードルを上げることで、無理なく結果を出し続けていけます。

小さな結果も、こつこつ積み上げていくことで、大きな結果へと変わってきます。

結果を積み重ねていくにつれて、心に自信が芽生えてきます。

「できるかもしれない」が「できる」に変わります。

「できる」が「できるに決まっている」に変わります。

「できるに決まっている」が「必ずできる」という確信に変わります。

結果を出せば出すほど、だんだん確信が強くなり、それが自信へと変わっていきます。

少しずつハードルを上げて結果を出し続けていくことで、本当の実力が身につきます。

「自分はやればできる人間だ」という思いが強くなり、自己肯定感も高まっていくのです。

自信は後からついてくるもの

最初は自信がなくてかまいません。

自信はゼロでいい。

何なら自信がマイナスでもいいのです。

最初はとにかく結果を出すことに集中してください。

小さな結果で十分です。

自分のすべてを出し切るつもりでベストを尽くしましょう。

手を抜かず、やれるだけのことをやりましょう。

結果を出すことに集中すればいいのです。

するとどうでしょう。

分相応の仕事であれば、きちんと完了でき、結果が出せます。

きちんと結果を出せたことが、自信につながります。

自信がないことを悩むくらいなら、結果を出していないことに悩むことです。

自信がないなら、自信がないことに悩むより、まず結果を出すことに集中してください。

先に結果があって、後から自信がついてきます。

自信のことは忘れて、とにかく結果だけ出していけばいいのです。

結果を出して、出して、出しまくる。

結果のピラミッドを作っていきましょう。

気づけば、大きな自信がついているのです。

心の霧が晴れる言葉(2)
  • 自信がないなら、自信がないことに悩むより、まず結果を出すことに集中する。
あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。

心の霧が晴れる30の言葉
心の霧が晴れる30の言葉

  1. 現実がつらいから、逃げるのではない。<br>逃げるから、現実がつらくなるのだ。
    現実がつらいから、逃げるのではない。
    逃げるから、現実がつらくなるのだ。
  2. 自信は後からついてくるもの。<br>自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
    自信は後からついてくるもの。
    自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
  3. あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
    あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
  4. 気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
    気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
  5. 白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
    白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
  6. いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
    いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
  7. 「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。<br>「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
    「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。
    「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
  8. 頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
    頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
  9. 次々トラブルが起こることを恨まない。<br>「そういうもの」と考える。
    次々トラブルが起こることを恨まない。
    「そういうもの」と考える。
  10. 性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
    性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
  11. かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
    かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
  12. 非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
    非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
  13. 心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
    心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
  14. 「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
    「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
  15. 使い終わったチケットも、思い出の品になる。
    使い終わったチケットも、思い出の品になる。
  16. 迷うことは、どちらでもいいということ。
    迷うことは、どちらでもいいということ。
  17. 買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
    買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
  18. 椅子は、あなたを陰で支える存在。<br>たまにはお世話をしよう。
    椅子は、あなたを陰で支える存在。
    たまにはお世話をしよう。
  19. がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
    がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
  20. 結果が出なかったのではない。<br>まだ結果が出ていないだけだ。
    結果が出なかったのではない。
    まだ結果が出ていないだけだ。
  21. じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
    じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
  22. 無知に気づくことも勉強。<br>勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
    無知に気づくことも勉強。
    勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
  23. 脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
    脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
  24. なぜやる気が出ないのか。<br>やりたいことではないからだ。
    なぜやる気が出ないのか。
    やりたいことではないからだ。
  25. 時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
    時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
  26. 本当に好きなことは、損得を考えない。
    本当に好きなことは、損得を考えない。
  27. 幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。<br>感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
    幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。
    感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
  28. どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。<br>前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
    どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。
    前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
  29. 嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
    嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
  30. つらい過去は、積極的に忘れていい。
    つらい過去は、積極的に忘れていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION