心の霧が晴れる
30の言葉

13
6

心の整理は、
思っていることを書き出すだけでいい。

心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。 | 心の霧が晴れる30の言葉

心の整理をする方法とは

忙しい日常を送っていると、心を整理したくなることがあります。

心の中がすさんでいたりごちゃごちゃしていたりです。

むかむかすることもあれば、いらいらすることもあるでしょう。

感情が乱れていて、気持ちをコントロールしたいこともあるはずです。

心の整理をするにはどうすればいいのでしょうか。

さまざまな方法がありますが、基本はシンプルです。

思っていることを書き出すだけでいいのです。

とにかく心で思っていることを書き出す!

心で思っていることを書き出してください。

あれこれ悩む暇があるなら、とにかく実際に書き出してみるのが早い。

吐き出すような感覚でどんどん書き出していきましょう。

紙に書き出すのもよし。

スマホやパソコンのメモ機能で、テキストにして書き出してもかまいません。

心で思っていることを、ひたすら書き出していくのです。

書き出す順番は気にしません。

頭に思いついた言葉や思いをひたすら書き出していきましょう。

書き出した段階で整理されていなくていい。

順番がおかしくて整えたいなら、後から入れ替えればいいことです。

支離滅裂な文章になってもOKです。

あくまで個人的なものですから、自分が意味を理解できればそれでいい。

文体は問いません。

文章形式でも箇条書きでもどちらでもかまいません。

汚い文字でもいいのです。

誰かに見せるものではないのですから、自分が読めれば十分です。

「こんなことを書き出していいのかな」と迷うことがあれば、とりあえず書き出しましょう。

うっかり余計なことまで書き出してしまったら、後から消せばいいだけです。

とにかくどんどん書き出していきましょう。

書き出すと、自分の心や思考の状態が可視化される

書き出すと、自分の心や思考の状態が可視化されます。

不安や心配、思っていることや悩んでいることです。

自分と適度な距離が生まれ、自分の心や精神の状態を客観視できるようになります。

大きなことに悩んでいるつもりでも、実際に書き出してみると「たったこれだけ?」とあっけなく思うことがあります。

「私は小さなことに悩んでいたのだね」と思うだけでも進歩です。

心で思っていることを書き出してみると、今後どうしていけばいいか見えてきます。

「こういうことに悩んでいるね。それならこうすればいいね」

論理的に系統立てて考えることができるようになります。

思考を整理すれば、心も整理されていきます。

気づけば、ごちゃごちゃだった心がすっかり落ち着いているはずです。

「あれほど心がすさんでいたのは何だったのだろう」と思うに違いありません。

書き出すことはストレス発散にもなります。

書き出していくにつれて、どんどん心が軽くなるでしょう。

書き出しただけで、心の問題が解決されていることも少なくありません。

心の整理は、思っていることを書き出すだけでよかったのです。

心の霧が晴れる言葉(13)
  • 心を整理したいときは、思っていることを書き出して、心の中を可視化させる。
「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。

心の霧が晴れる30の言葉
心の霧が晴れる30の言葉

  1. 現実がつらいから、逃げるのではない。<br>逃げるから、現実がつらくなるのだ。
    現実がつらいから、逃げるのではない。
    逃げるから、現実がつらくなるのだ。
  2. 自信は後からついてくるもの。<br>自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
    自信は後からついてくるもの。
    自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
  3. あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
    あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
  4. 気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
    気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
  5. 白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
    白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
  6. いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
    いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
  7. 「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。<br>「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
    「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。
    「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
  8. 頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
    頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
  9. 次々トラブルが起こることを恨まない。<br>「そういうもの」と考える。
    次々トラブルが起こることを恨まない。
    「そういうもの」と考える。
  10. どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。
    どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。
  11. かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
    かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
  12. 非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
    非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
  13. 心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
    心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
  14. 「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
    「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
  15. 使い終わったチケットも、思い出の品になる。
    使い終わったチケットも、思い出の品になる。
  16. 財布の中にレシートを入れるのはよくない。
    財布の中にレシートを入れるのはよくない。
  17. 買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
    買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
  18. 椅子は、あなたを陰で支える存在。<br>たまにはお世話をしよう。
    椅子は、あなたを陰で支える存在。
    たまにはお世話をしよう。
  19. がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
    がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
  20. 結果が出なかったのではない。<br>まだ結果が出ていないだけだ。
    結果が出なかったのではない。
    まだ結果が出ていないだけだ。
  21. じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
    じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
  22. 無知に気づくことも勉強。<br>勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
    無知に気づくことも勉強。
    勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
  23. 脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
    脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
  24. なぜやる気が出ないのか。<br>やりたいことではないからだ。
    なぜやる気が出ないのか。
    やりたいことではないからだ。
  25. 時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
    時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
  26. 本当に好きなことは、損得を考えない。
    本当に好きなことは、損得を考えない。
  27. 幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。<br>感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
    幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。
    感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
  28. どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。<br>前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
    どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。
    前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
  29. 嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
    嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
  30. つらい過去は、積極的に忘れていい。
    つらい過去は、積極的に忘れていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION