執筆者:水口貴博

心の霧が晴れる
30の言葉

24
7

なぜやる気が出ないのか。
やりたいことではないからだ。

なぜやる気が出ないのか。やりたいことではないからだ。 | 心の霧が晴れる30の言葉

なかなかやる気が出なくて困ることがあるでしょう。

やる気が出ないと、体がだるく感じられ、なかなか重い腰が上がりません。

動き方がだらだらして、生産性にも悪影響を及ぼすでしょう。

やる気のガソリンがなく、心のタンクが空っぽのような錯覚を覚えるでしょう。

あまりにやる気が出ないと、心の病気にかかっているのではないかと疑ってしまいます。

厄介なトラブルに思えますが、実は違います。

ここでありのままの真実に気づいてください。

なぜやる気が出ないのか。

やりたいことではないだけです。

やりたいことでなければ、やる気が出ないのも当然

「やりたいことではないから、やる気が出ない」

それだけのことです。

これ以上シンプルなことはありません。

病気でも体調不良でもありません。

脳に異常があるわけでもない。

変に自分を責める必要もありません。

やりたいことでなければ、やる気が出ないのも当然です。

自分が悪いのではなく、取り組んでいる対象が悪いのです。

やりたいことをやれば、自然とやる気は出る

どうすればやる気が出るのか。

やりたいことをやればいいのです。

楽しいゲームやお気に入りの趣味をするとき、自然とやる気が出るでしょう。

仕事をするときも、好きなことであれば、自然とやる気が出るはずです。

気合を入れたり感情をコントロールしたりする必要はありません。

やりたいことであれば、普通にしているだけで自然とやる気が出てきます。

やりたいことをやりましょう。

後回しにするのでもなく、最初に取り組むことです。

やりたいことに取り組めば、勝手にやる気が出ます。

湯が湧き出る温泉のごとく止まりません。

嫌でもやる気が出てくる状態になります。

やりたくないことをせざるを得ないとき

やりたくないことをせざるを得ないときもあるでしょう。

仕事であれば「やりたくないが、やらなければいけない」という状況もあるはずです。

そんなときは「意識」を変えてください。

やりたくないとはいえ、何から何まで嫌いというわけではないはずです。

やりたくないことの中にも、小さくてもいいのでやりたいことを見つけます。

1つでも見つけたら、そこにフォーカスを当て、大きくピックアップしましょう。

虫メガネで拡大して見るようなイメージです。

やりたい気持ちが強くなって、やりたいことに変わっていきます。

少なくとも抵抗感は和らぐはずです。

それでもどうしようもないなら、異動・転職・起業も視野に入れて検討してください。

根本的にやりたくないことは、根本を変えるしかありません。

やりたいかどうかは将来に関わるポイントです。

ぐだぐだ迷わず、さっと決断しましょう。

人生は有限です。

限りある人生は、やりたいことをやるのが一番です。

心の霧が晴れる言葉(24)
  • やる気が出ないときは、取り組んでいることを疑ってみる。
  • やりたいことをやる。
時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。

心の霧が晴れる30の言葉
心の霧が晴れる30の言葉

  1. 現実がつらいから、逃げるのではない。<br>逃げるから、現実がつらくなるのだ。
    現実がつらいから、逃げるのではない。
    逃げるから、現実がつらくなるのだ。
  2. 自信は後からついてくるもの。<br>自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
    自信は後からついてくるもの。
    自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
  3. あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
    あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
  4. 気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
    気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
  5. 白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
    白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
  6. いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
    いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
  7. 「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。<br>「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
    「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。
    「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
  8. 頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
    頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
  9. 次々トラブルが起こることを恨まない。<br>「そういうもの」と考える。
    次々トラブルが起こることを恨まない。
    「そういうもの」と考える。
  10. 性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
    性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。
  11. かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
    かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
  12. 非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
    非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
  13. 心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
    心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
  14. 「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
    「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
  15. 使い終わったチケットも、思い出の品になる。
    使い終わったチケットも、思い出の品になる。
  16. 迷うことは、どちらでもいいということ。
    迷うことは、どちらでもいいということ。
  17. 買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
    買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
  18. 椅子は、あなたを陰で支える存在。<br>たまにはお世話をしよう。
    椅子は、あなたを陰で支える存在。
    たまにはお世話をしよう。
  19. がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
    がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
  20. 結果が出なかったのではない。<br>まだ結果が出ていないだけだ。
    結果が出なかったのではない。
    まだ結果が出ていないだけだ。
  21. じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
    じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
  22. 無知に気づくことも勉強。<br>勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
    無知に気づくことも勉強。
    勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
  23. 脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
    脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
  24. なぜやる気が出ないのか。<br>やりたいことではないからだ。
    なぜやる気が出ないのか。
    やりたいことではないからだ。
  25. 時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
    時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
  26. 本当に好きなことは、損得を考えない。
    本当に好きなことは、損得を考えない。
  27. 幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。<br>感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
    幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。
    感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
  28. どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。<br>前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
    どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。
    前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
  29. 嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
    嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
  30. つらい過去は、積極的に忘れていい。
    つらい過去は、積極的に忘れていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION