自分磨き

遅刻癖を直す
30の方法

1
26

無理なスケジュールは、
遅刻のもと。

無理なスケジュールは、遅刻のもと。 | 遅刻癖を直す30の方法

遅刻癖を直すなら、スケジュールを立てる段階が大切です。

遅刻癖のある人は、無理なスケジュールを立てる傾向があります。

 

たとえば「分単位の段取り」「余裕のない移動時間」です。

無理なスケジュールは「遅刻してください」と言っているようなもの。

スケジュールを立てる段階で、遅刻の可能性が高い状態です。

いくら余裕を持って行動したくても、そもそもスケジュールに無理があるなら、余裕を作るのは難しいでしょう。

無理なスケジュールを立てれば、余裕がなくなり、遅刻になるのも当然です。

無理なスケジュールは、遅刻のもとなのです。

 

スケジュールを立てるなら、現実的な範囲を心がけましょう。

仕事のスケジュール、旅行のスケジュール、遊びに行くスケジュール。

欲張ってタスクを増やすのは要注意。

余裕のあるスケジュールだからこそ、余裕を持った行動ができるようになります。

 

仕事では、余裕のあるスケジュールを心がけましょう。

たくさんタスクを詰め込みたくても、無理なスケジュールは破綻のもとです。

1日にたくさんアポイントを入れたり、複数の仕事を掛け持ちしたりすると、オーバーワークが発生します。

ミスや失敗が増え、上司や取引先に迷惑をかけてしまうかもしれません。

時間を切り詰めなければいけないなら、そもそも仕事を減らしてみるといいでしょう。

時には妥協も必要です。

タスクを減らしたほうが、余裕が生まれるだけでなく、仕事の質も向上するでしょう。

1つずつ丁寧に仕事をこなすことで、素晴らしい成果を上げることができます。

 

旅行のスケジュールも、余裕が大切です。

「得を増やそう」「損を減らそう」という気持ちがあるのはいいですが、欲張りすぎると、無理なスケジュールになりがちです。

ぎりぎりのスケジュールより、ゆとりのあるスケジュールのほうが、それぞれの観光地を落ち着いて見て回れます。

時間に余裕があるからこそ、世界の美しさが見えてくる。

感動する余裕も生まれます。

少し損をしてもいいので、余裕のあるスケジュールにしたほうが、旅行の質が高まります。

 

遊びに出かけるスケジュールも、余裕が大切です。

余裕があれば、慌てずにのんびりした時間を過ごせます。

ちょっとした寄り道を楽しむこともできるでしょう。

思い出深い時間を過ごせるでしょう。

 

§

 

スケジュールに余裕を作ることも、自己管理の1つです。

「少し厳しいかな」と思ったら、スケジュールを見直して、余裕を作ってください。

余裕のあるスケジュールだからこそ、遅刻を減らすことができるのです。

遅刻癖を直す方法(26)
  • 無理なスケジュールを立てず、余裕のあるスケジュールを立てる。
「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。

もくじ
遅刻癖を直す30の方法
無理なスケジュールは、遅刻のもと。 | 遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品