成功哲学

仕事の神様に愛される
30の方法

1
15

ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。
余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。

ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。 | 仕事の神様に愛される30の方法

1日のスケジュールを見てみてください。

ぎちぎちのスケジュールになっていないでしょうか。

ぎちぎちのスケジュールをこなすと「上手に時間を使った感」があります。

朝から晩までぎっしりスケジュールを詰め込めば、無駄が発生しません。

予定にたるみがなく、びしっとしています。

ぎちぎちにスケジュールを組み込んで、それぞれの予定を消化できたとき、達成感や満足感が得られるでしょう。

「仕事のできる人」のような感じもあって、スマートな印象を受けるかもしれません。

ぎちぎちのスケジュールに快感を覚える人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ここが落とし穴です。

よかれと思ってぎちぎちのスケジュールになっているのは、大変危険です。

「ぎちぎち」ということは「余裕がない」ということです。

ぴりぴりした様子になり、近寄りがたい雰囲気が漂います。

忙しくて余裕がないため、いらいらしたり怒りっぽくなったりします。

 

1つでも予定外のトラブルが発生すると大変です。

遅延が発生して、全体的なスケジュールがずれてしまい、ほかの予定にも悪影響が及びます。

 

また、ぎちぎちのスケジュールということは、朝から晩まで忙しい状態になってしまいます。

忙しすぎると、余裕がなくなります。

余裕がなくなると、確認がおろそかになります。

ミスや間違いを起こしやすくなり、仕事の質が低下しやすくなるのです。

忙しい感覚に騙されないことです。

表向きはスマートな仕事に見えても、実際はトラブルに弱い状態であり、これほど危険なことはありません。

 

トラブルのない人は、まだトラブルが起こっていないだけ

 

「何もトラブルは起こっていないから大丈夫」

そう思う人もいるかもしれませんが、油断は禁物です。

まだトラブルが起こっていないだけです。

今まで運よくうまくいっているだけのこと。

余裕のない状態が続けば、遅かれ早かれ、何らかのトラブルが起こるでしょう。

ぎちぎちのスケジュールになっていれば、トラブルが起こるのは時間の問題です。

 

 

余裕のあるスケジュールに快感を覚えよう

 

意識を変えて、正しい感覚を身につけましょう。

ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではありません。

余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのです。

予定と予定の間に「余白」を設けましょう。

 

少し無駄な時間が発生しているように思えますが、誤解です。

時間が余れば、仕事の確認や工夫を凝らす時間に使えます。

休憩に使ったり、身だしなみを整えたりすることにも使えます。

 

余裕があれば、万一トラブルが発生しても、うまく対応できます。

 

余裕があってこそ、うまく時間を

隙間なくびっしり詰まった本棚は、本を取り出しにくくなって、かえって不便になります。

隙間なくびっしり詰まったスケジュールも、トラブルに対応しにくくなって、かえって不便になります。

余裕があるからこそ、落ち着いて対処できるので、仕事の質も向上します。

 

遅延や予定変更があっても、落ち着いて対処できます。

追加で仕事が発生しても、にこにこしながら引き受けることができます。

ぎちぎちのスケジュールが普通になっているなら、意識を変えて、余裕のあるスケジュールを普通にしましょう。

余裕があってこそ、上手な時間術です。

仕事の神様に愛される方法(15)
  • ぎちぎちのスケジュールではなく、余裕のあるスケジュールに快感を覚えるようにする。
言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。

もくじ
仕事の神様に愛される30の方法
ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。 | 仕事の神様に愛される30の方法

  1. 誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
    誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
  2. いい仕事は、寝ることから始めよう。
    いい仕事は、寝ることから始めよう。
  3. 仕事のスピードを上げるのは大切。<br>仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
    仕事のスピードを上げるのは大切。
    仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
  4. 嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。<br>生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
    嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。
    生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
  5. 「つまらない仕事」と思うのではない。<br>「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
    「つまらない仕事」と思うのではない。
    「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
  6. 生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。<br>きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
    生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。
    きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
  7. 神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
    神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
  8. 紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
    紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
  9. 価値のない雑用は1つもない。
    価値のない雑用は1つもない。
  10. 本当に苦手なのか。<br>苦手と思い込んでいるだけではないのか。
    本当に苦手なのか。
    苦手と思い込んでいるだけではないのか。
  11. 手抜きには2種類ある。<br>「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
    手抜きには2種類ある。
    「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
  12. 仕事の順番は大切。<br>ただし、こだわりすぎないこと。
    仕事の順番は大切。
    ただし、こだわりすぎないこと。
  13. 上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。<br>神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
    上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。
    神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
  14. 長文メールは、嫌われる。<br>喜ばれるのは、3行メール。
    長文メールは、嫌われる。
    喜ばれるのは、3行メール。
  15. ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。<br>余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
    ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。
    余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
  16. 言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
    言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
  17. 好きなことでも、たまには休憩が必要。<br>いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
    好きなことでも、たまには休憩が必要。
    いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
  18. プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
    プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
  19. 偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
    偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
  20. 「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
    「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
  21. 掃除をすると、仕事運が上がる。<br>トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
    掃除をすると、仕事運が上がる。
    トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
  22. 教えたがり屋に、一流はいない。
    教えたがり屋に、一流はいない。
  23. 便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
    便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
  24. 仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。<br>遊ぶときは、しっかり遊ぼう。<br>休むときには、しっかり休もう。
    仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。
    遊ぶときは、しっかり遊ぼう。
    休むときには、しっかり休もう。
  25. 「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
    「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
  26. あなたに足りないのは「使命感」。
    あなたに足りないのは「使命感」。
  27. 二流の人は、年上からしか学べない。<br>一流の人は、年下からも学べる。
    二流の人は、年上からしか学べない。
    一流の人は、年下からも学べる。
  28. スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
    スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
  29. 仕事がダメになるのが悪いのではない。<br>ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
    仕事がダメになるのが悪いのではない。
    ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
  30. 「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。
    「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。

同じカテゴリーの作品