遅刻癖を直す
30の方法

9
0

初めて行く場所は
「30分前の到着」を基本とする。

初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。 | 遅刻癖を直す30の方法

待ち合わせ場所に行くとき、2パターンあります。

  1. 行ったことがある場所
  1. 初めて行く場所

待ち合わせ場所に向かうとき、それぞれに応じて行動パターンを変えたほうがいいでしょう。

まず行ったことがある場所なら安心感があるでしょう。

すでに交通ルートがわかっているので、比較的スムーズに行けるはずです。

「この道を通ればいい」「ここを曲がればいい」と素早く判断できます。

少し戸惑うことはあるかもしれませんが、大きく外れることはないでしょう。

記憶が断片的であっても「見れば思い出す」という状況があるはずです。

問題なのは、初めて行く場所です。

初めて行く場所は、初めて通る道が多いため、移動スピードが遅くなりがちです。

きょろきょろしながら歩いたり、道や曲がり角を1つずつ確認したりなど、もたもたすることが多くなるでしょう。

地図があって交通ルートがわかっていたとしても、そこを通るのは初めてなので安心できません。

「うっかり行きすぎてしまう」「うっかり目印を見落としてしまう」といったこともあるはずです。

複雑な道なら、途中で迷子になる可能性もあるでしょう。

いったん迷子になると、あたふたしてしまい、ますます遅れがちになります。

そのため、初めて行く場所は「30分前の到着」を基本としてください。

早すぎるように感じるかもしれませんが、初めて行く場所なら、このくらい慎重になっておくほうがいいでしょう。

十分な余裕を持って出発すれば、時間のロスが少々あっても間に合います。

たとえ行ったことがある場所でも、ほとんど記憶がないなら、初めて行く場所と同じく30分前の到着を心がけましょう。

方向音痴のため、30分前では安心ができないなら、40分前や50分前の到着を心がけるのも悪くありません。

「初めて行く場所」「方向音痴」のほかに「夜間」や「悪天候」という条件が加わるなら、1時間前の到着も検討してください。

このルールは、ビジネスだけでなく、プライベートでも同じです。

「ビジネスだから慎重になる」「プライベートだから適当でいい」ということはありません。

時間を守ることは信用に関わる行為です。

早めの到着は、ビジネス・プライベートにかかわらず、常に意識しておきましょう。

遅刻癖を直す方法(9)
  • 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  • 方向音痴なら、40分前や50分前の到着も検討する。
悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。

遅刻癖を直す30の方法
遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品

3:21

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION