自分磨き

遅刻癖を直す
30の方法

1
30

「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
「今から遅刻癖を直そう」と考える。

「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。「今から遅刻癖を直そう」と考える。 | 遅刻癖を直す30の方法

「遅刻癖はよくないよね。いつか遅刻癖を直そう」

そう思っていませんか。

頭では「遅刻癖を直したほうがいい」とわかっていても、すぐ行動に移せないことがあります。

遅刻癖のある人は、指定時間に遅れるだけでなく、改善行動も遅れがちです。

 

たしかに遅刻癖を直すには、少なからず手間暇がかかります。

遅刻癖を直すには、考え方や行動習慣を改める必要があります。

余裕を好きになって、余裕を持った行動を意識します。

前日までの準備を心がけたり、記録をつける習慣を取り入れたりする必要もあります。

朝眠くても、眠気に打ち勝ち、行動しなければいけません。

面倒くさい気持ちが湧いても、怠け心にむちを打つ必要があります。

時にはストレスに耐えたり乗り越えたりする必要もあります。

遅刻癖を直したくても、面倒くさい気持ちが勝ると、なかなか行動に移せません。

遅刻癖の改善が「思うだけ」で終わる人も多いのではないでしょうか。

 

しかし「いつか遅刻癖を直そう」と思っているだけでは、何も改善されません。

「面倒くさい」「大変だな」と思っていると、どんどん後回しにされるばかり。

もともと遅刻癖のある人は、気持ちに緩みがあります。

いつか遅刻癖を直そうと思う時点で、気持ちに緩みが生じています。

「いつか」「また今度」と後回しにしているうちに、どんどん改善が遅れてしまうのです。

そのため、遅刻癖を直そうと思っていても「思っているだけ」で終わってしまうのがオチなのです。

 

「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではありません。

「今から遅刻癖を直そう」と考えましょう。

「遅刻癖を直す」と決意したら、今から改善に取りかかりましょう。

遅刻癖は、信用に関わる問題です。

信用を失ってからでは取り返すのが大変ですから、遅刻癖があるなら、早めに直しておくのが得策です。

余計な後回しは一切不要。

「今が自分を変えるベストタイミング」と思うことです。

遅刻癖を直すと決めたら、今から改善に取りかかりましょう。

よいことは、ためらわず、今すぐ始めるのが正解です。

遅刻癖を直す方法(30)
  • 「いつか遅刻癖を直そう」ではなく「今から遅刻癖を直そう」と考える。
まとめ

もくじ
遅刻癖を直す30の方法
「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。「今から遅刻癖を直そう」と考える。 | 遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品