遅刻癖を直す
30の方法

2
1

遅刻癖は、
性格の問題ではなく、
癖の問題。

遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。 | 遅刻癖を直す30の方法

遅刻癖について、よく聞かれる言葉があります。

「遅刻癖は性格の問題」という一言です。

だらしない性格、ぼんやりした性格、後回しにする性格。

 

たしかに性格に問題があれば、遅刻をするのも当然に思えます。

性格の問題なら、性格を直さないかぎり、遅刻癖を直すのも難しく思うのではないでしょうか。

 

しかし、ここに誤解があります。

遅刻癖は、性格の問題ではありません。

癖の問題です。

「遅刻癖」という名前のとおり、しょせん「癖」にすぎません。

癖ですから、癖を直せばいいだけです。

「遅刻する癖」がついているなら「遅刻しない癖」に変えることもできるはずです。

遅刻するような考え方や行動習慣が身についているにすぎません。

遅刻癖は、障害が関係している場合を除き、考え方や行動習慣を変えるだけで直せます。

 

たとえば、ぎりぎりで行動する癖をやめ、余裕を持って行動する癖をつけます。

だらしない性格でも、余裕を持って出発する癖をつけておけば、きちんと時間前に到着できます。

夜更かしをする癖をやめて、早めの就寝を心がけます。

朝に弱い人でも、たっぷり睡眠を取っておけば、朝起きやすくなります。

時間感覚がなければ、腕時計を身につければいい。

いつでもどこでも時刻を確認できるようになるため、自然と時間感覚が研ぎ澄まされます。

やる気が起きないなら、行動することのメリットを書き出せばいい。

箇条書きで書き出していけば、行動の意味が見いだせ、モチベーションアップにつながります。

早く到着することが心配なら、暇つぶし用のアイテムを準備すればいい。

本を持参すれば、待ち時間を上手に活用できます。

本が重くて場所を取るなら、電子書籍にすればいいだけです。

 

時間癖を直すためには「対策」が存在します。

1つずつ対策を実施していき「遅刻する癖」から「時間厳守の癖」に変えていきましょう。

たとえ自堕落な性格でも、対策を実施していけば、遅刻癖を直すことは可能です。

 

「遅刻癖は性格の問題」と決めつけないことです。

「遅刻癖は性格の問題」という一言は、遅刻癖を直そうとしない人の言い訳です。

遅刻癖を直すなら、考え方や行動習慣に意識を向けてください。

今すぐ性格を変えることはできなくても、考え方や行動習慣を変えることなら、自分の努力次第です。

明るい希望を持とうではありませんか。

遅刻癖は、あくまで癖の問題ですから、努力次第で直していけるのです。

遅刻癖を直す方法(2)
  • 遅刻癖は「性格の問題」ではなく「癖の問題」と考える。
余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。

遅刻癖を直す30の方法
遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品

3:34

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION