執筆者:水口貴博

遅刻癖を直す
30の方法

23
1

時間を守れた記録をつけると、
遅刻癖が直る。

時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。 | 遅刻癖を直す30の方法

遅刻癖の改善に、記録をつけることが有効です。

ずばり「時間を守れた記録」です。

記録をつけると、結果が目に見える状態になります。

仕事・勉強・スポーツでは、モチベーションの維持に記録をつける方法が定番ですが、遅刻癖の改善にも応用できます。

記録をつけるたびに「今日も時間を守れた!」と、ささやかな喜びを感じることができるでしょう。

自分の努力を実感しやすくなるため、遅刻癖を直すモチベーションを維持しやすくなります。

「わざわざ記録をつけるほどでもない」

そう思う人もいるかもしれませんが、軽視はよくありません。

時間を守るのは当たり前とはいえ、遅刻癖のある人にとっては、時間を守ることも1つの結果です。

大げさに思えるかもしれませんが、時間を守れたことを「努力の結果」と見なしてください。

本気で遅刻癖を直したいなら、謙虚であることが必要です。

なにより日々の積み重ねが大切です。

「記録なんて意味がない」とばかにせず、謙虚な気持ちでこつこつ記録をつけていきましょう。

記録の付け方は自由ですが、単純な記号による記録で十分。

時間を守れたときは、シンプルに「丸印」をつけるだけでかまいません。

記録をつけるとはいえ、一瞬でできる作業でしょう。

たとえば、カレンダーです。

遅刻をせず、きちんと時間を守れたら、丸印をつけます。

丸印をつけるたびに達成感が得られるでしょう。

丸印が並んでいくことに快感を覚えるようになれば「今後も時間厳守を心がけよう」とやる気が起こります。

日記の習慣があるなら、記載枠の隅に記録するといいでしょう。

日記とは、自分の生きた証しを残す行為。

立派な記録を残したい気持ちが湧けば、時間厳守の意識を保てます。

日記を読み返すごとに、自分の努力が誇らしくなります。

もちろんデジタルデータで記録をつけるのも悪くありません。

毎日パソコンを使うなら、デジタルデータのほうが適している人もいるでしょう。

デジタルデータなら、場所を取らず、保存もコピーも簡単です。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくれば楽しくなってくるでしょう。

「今日も時間を守れた!」と自分を褒めながら記録をつけていけば、ますます達成感が得られます。

いったん慣れてしまえば、記録をつけないほうが落ち着かなくなるでしょう。

「よい記録を残したいから頑張りたい」と思え、脳の報酬系に働きかけることができます。

小さな習慣ですが、大きな変化をもたらします。

「遅刻しないのが当たり前」という意識になるまで、こつこつ続けていきましょう。

だんだん生活リズムが整っていきます。

記録をつけるのが当たり前になるころには、遅刻癖も直っているはずです。

遅刻癖を直す方法(23)
  • 時間を守れた記録をつける。
暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。

遅刻癖を直す30の方法
遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION