自分磨き

遅刻癖を直す
30の方法

2
5

遅刻癖のある人は、
感謝の気持ちが足りない。

遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。 | 遅刻癖を直す30の方法

遅刻癖の人に足りないものがあります。

それは「感謝の気持ち」です。

感謝の気持ちを持つことが、遅刻癖とどう関係しているのか、疑問に思うでしょう。

実は、遅刻癖のある人は、待ち合わせ相手に対する感謝が希薄になっています。

待ち合わせのとき、相手はあなたと会うため、わざわざ時間を割いてくれます。

忙しいにもかかわらず、スケジュールを調整して、時間を空けてくれます。

時間は、お金より貴重です。

お金は失っても後から取り返せますが、時間は失ったらもう取り戻せません。

貴重な時間をあなたのために割いてくれるのですから、それがわかっていれば、時間厳守の気持ちも強くなるはずです。

 

ところが遅刻癖のある人は、相手に対する感謝の気持ちが希薄です。

「ありがたい」という気持ちがない、もしくは小さい状態です。

時間を決めて会うことを「単なる待ち合わせ」という程度でしか考えていません。

相手に感謝の気持ちがないと、時間厳守の意識も低下します。

「友達だから少し遅れてもいいだろう」

「少しくらい遅刻しても許してくれるよね」

「自分のほうが年上だから、遅刻しても問題ない」

「優しい人だから、遅刻しても怒らないだろう」

結果として、遅刻してしまうのです。

 

遅刻癖を直すなら、まず感謝の気持ちを持ちましょう。

「自分のために貴重な時間を割いてくれた」

「時間を作ってくれてありがとう」

「相手の配慮に報いたい」

感謝の気持ちを持てば、自然と時間意識が高まり「きちんと時間を守ろう」と思えるようになるはずです。

感謝の気持ちがなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。

相手に感謝の気持ちを持てば持つほど、時間厳守の意識も高まります。

相手が優しい人だから遅刻してもいいということもありません。

相手はにこにこしていても、内心はむっとしていることもあるでしょう。

たとえ相手が嫌いな人であっても、心がけは同じです。

時間を決めて人と会うときは、相手にかかわらず、常に感謝の気持ちを持って、時間厳守を心がけましょう。

会ったときには、頭を下げ、にっこりほほ笑むことです。

感謝の気持ちを持つことが、遅刻癖を直す基本です。

遅刻癖を直す方法(5)
  • 時間を割いてくれる相手に対して、感謝の気持ちを持つ。
遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。

もくじ
遅刻癖を直す30の方法
遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。 | 遅刻癖を直す30の方法

  1. 時間厳守は、社会の基本。<br>遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
    時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。
  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
    遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。
  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
    余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。
  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
    真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。
  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
    遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。
  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
    遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。
  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。<br>遅刻をして、反省する人がいる。
    遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。
  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。<br>「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
    「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。
  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
    初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。
  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
    悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。
  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
    遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。
  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。<br>「何かあるかもしれない」と考える。
    「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。
  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
    腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。
  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
    時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。
  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
    早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。
  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
    時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。
  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
    スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。
  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
    遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。
  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
    「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。
  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
    遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。
  21. 移動時間だけでは不十分。<br>出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
    移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。
  22. 当日に準備をするのではない。<br>前日までに準備を済ませよう。
    当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。
  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
    時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。
  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
    暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。
  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。<br>自分の外にあるかもしれない。
    遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。
  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。
    無理なスケジュールは、遅刻のもと。
  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
    「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。
  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
    いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。
  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
    遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。
  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。<br>「今から遅刻癖を直そう」と考える。
    「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品