人生の教科書



ストレス対策
体を動かせば、いらいらもなくなる。
ストレス対策
いらいらして健康になろう。
生き方
いらいらしたときは、100メートルダッシュ。
気力
勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
心の健康
約束の数をできるかぎり少なくする。
気力
いらいらしたときににっこりするのも、メンタルトレーニング。
生き方

充実した人生を送る
30の方法

お気に入り18 読んだ
17

すべてのいらいらは、
心を鍛えるチャンス。

すべてのいらいらは、心を鍛えるチャンス。 | 充実した人生を送る30の方法

体を鍛えるには、筋トレです。

重いダンベルを持ったりジョギングをしたりなど、体に適度な負荷を与えます。

筋肉の損傷と超回復によって、どんどん体が丈夫になっていきます。

 

では、心を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。

「困難に立ち向かう」「恥ずかしいことを経験する」など方法はさまざまですが、もっと身近なところに存在します。

いらいらしたとき、耐えるだけでいいのです。

最近いらいらしたのは、いつですか。

物事が思いどおりに進まないと、発作的に興奮して、怒りが爆発しそうな瞬間があります。

 

しかし、いらいらしてその場で爆発させるのはいけない。

いらいらを相手にぶつけると、喧嘩の始まりです。

言い方を変えれば「自制心をコントロールできなかった」と言えます。

 

たしかに大変な状況です。

だからこそ、ぐっと耐える。

「我慢すればいいだけではないか」と思いますが、なかなか大変なこと。

興奮している自分を落ち着かせるのは、興奮しているときほど難しい。

特に自分のプライドを傷つけられるようなことをされると、一気に興奮が高まります。

とにかく耐える。

ぐっと耐えるとき、心に適度なストレスが加わって、強くなっています。

ストレスが、心を鍛えるダンベルの役割を果たします。

すべてのいらいらは、心を鍛えるチャンスです。

「ここが踏ん張りどころ」と思えば、いつもより耐えやすくなります。

耐えきった後には心が鍛えられ、器が一回り大きくなっています。

 

さて、ため込んだストレスは、そのままではいけません。

ため込んだままでは、ストレスが増える一方。

いらいらする場面が過ぎ去れば、別の場所で健康的に発散させましょう。

まとめ

充実した人生を送る方法 その17
  • いらいらしたら「ここが踏ん張りどころ」と思って耐える。
次のページ >>
日程変更は、できるだけ前倒し。

もくじ
(充実した人生を送る30の方法)

同じカテゴリーの作品