人生の教科書



自分磨き
褒めるより、たたえよう。
子育て
子供は、喜びと感動を与えてくれる存在。
生き方
好きなことをやっていると、失敗さえも嬉しく感じてしまう。
子育て
生き物を飼うと、子供の感情が豊かになる。
生き方

充実した人生を送る
30の方法

お気に入り5 読んだ
3

ラッキーなことがあったときは、
喜びを素直に表現して、
感動を倍増させる。

ラッキーなことがあったときは、喜びを素直に表現して、感動を倍増させる。 | 充実した人生を送る30の方法

ラッキーなことがあったときのリアクションが大切です。

抽選のくじに当たった。

試験や試合で、ラッキーなことがあった。

街を歩いていると、偶然ラッキーな出会いがあった。

そんなとき、あなたはどんなリアクションをしていますか。

喜びを表に出さず、無言で無表情のまま、心の中で静かに喜ぶのもいいでしょう。

 

しかし、できれば喜びはきちんと表に出したほうがいい。

ラッキーなことがあったときは、それらしい表現をしましょう。

「やった!」と声に出す。

握り拳を作り、勝利のポーズをする。

にこにこ満面の笑みを浮かべる。

無邪気に飛び跳ねる。

スキップをする。

体全身で表現するよう心がけるのがポイントです。

子供のように思うかもしれませんが、誤解です。

ラッキーな出来事があったとき、嬉しい反応を見せるのは、当たり前のリアクション。

なぜ素直に喜びを表現したほうがいいのか。

それは、ラッキーの実感と感動を倍増させる効果があるからです。

ラッキーなことがあったときにリアクションがないと、実感が半減します。

無言や無表情では、ラッキーなことがあっても、その喜びや感動を得られにくくなります。

 

一方、喜びを素直に表現すれば「自分は今、奇跡的な出来事を体験している」という自覚を促せます。

ラッキーだという実感と感動をますます倍増させることができる。

また素直に感動を表現することは、童心を思い出し、心を若々しく保つ効果もあります。

素直に表現したほうがいいことだらけです。

もし今度ラッキーな出来事があれば、感動を素直に表現して喜びましょう。

まとめ

充実した人生を送る方法 その3
  • ラッキーなことがあったときは、喜びを素直に表現して、実感と感動を倍増させる。
次のページ >>
あなたは運がいい。

もくじ
(充実した人生を送る30の方法)

同じカテゴリーの作品