人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ストレス対策
体を動かせば、いらいらもなくなる。
生き方
すべてのいらいらは、心を鍛えるチャンス。
気力
勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
ストレス対策
「いい思い出になった」と、言い切ってしまおう。
受験対策
いらいらしてもいい。
大切なのは、どこに向けて吐き出すか。
ストレス対策
いらいらは、吐き出し方によって、非行にも成功にもなる。

いらいらしないになる
30方法

お気に入り18 読んだ
25

いらいらして健康になろう

康といらいらは正反対に思えますが、工夫しだいで健康につながります。

いらいらすると、吐き出したい気持ちになりますね。

ストレスを吐き出したい欲求に駆られます。

いらいらしたときに、ごみ箱を蹴りたくなる気持ちは、ストレスを吐き出したい気持ちの表れです。

そんなときには、フィットネスで、気が済むまで体を動かしてしまいましょう。

プールで思うがままに泳いだり、トレーニングマシンで疲れきるまで体を動かしたりして、筋力も鍛えてしまうのです。

いらいらしてごみ箱を蹴るのは、健康的ではありません。

トレーニングやスポーツを通して体を動かし、ストレス発散させることは健康的です。

上手ないらいらの解消方法です。

フィットネスが面倒なら、軽いジョギングでもいいでしょう。

自宅で簡単に行えるダンベルで、体をちょっと動かすだけでも変わってきます。

泳いでいるときは、いらいらした顔を誰にも見られませんし、周りが見えませんから集中できます。

水を殴るように懸命に泳いで、ストレス発散と同時に、スタミナもつけてしまいます。

一生懸命に体を動かしていれば、だんだんストレスが軽くなり、健康にもつながるといううまい方法です。

ストレスは、吐き出し方がポイントなのです。

吐き出し方がうまくできれば、ストレスがあるほど、実は健康になります。

ストレスで不健康になるというのは、ため込んだまま吐き出さないからです。

ストレスの吐き出し方を工夫すれば、健康につなげることができます。

上手に吐き出すことができれば、むしろ肉体的には健康になるはずなのです。

いらいらしない人になる方法 その25

  • ストレスを、
    上手
いらいらすることに、感謝できるようになろう。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品