執筆者:水口貴博

頑張る力がみなぎる
30の言葉

6
5

勝ち負けのない時間は、
本当の自分に戻る時間。

勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。 | 頑張る力がみなぎる30の言葉

人生では勝ち負けが関わる場面が存在します。

学校では、成績上位と志望校合格を目指して、頑張って勉強します。

スポーツでは、高得点を上げるために、日々体を鍛え、技術を磨きます。

仕事で営業を担当しているなら、トップを目指して争います。

企業間でも競争の連続です。

より良い商品やサービスを提供しながら、生き残りをかけた戦いを繰り返しています。

「勝ちたい。負けたくない」と思いながら、勉強・スポーツ・仕事に取り組んでいるでしょう。

負けたくないなら、勝つしかありません。

評価されるためにも、勝つしかありません。

勝てば夢に近づけますが、負けると夢が遠のきます。

「競争なんてしたくない」と思っても、人生では避けて通れない道。

社会で生きていると、本人の意思と関係なく、競争の世界の中で戦わなければいけないときもあります。

しかし、勝ち負けを意識していると、いつも闘争心を燃やし続けなければいけません。

いつも競争を意識するため、安心できず、心が休まりません。

勝ち負けを意識すると、目つきがぎらぎらして、表情が険しくなります。

態度が厳しくなって、ぴりぴりした雰囲気が漂います。

競争のストレスにさらされると、精神を消耗しやすくなって、ストレスもためやすくなる。

勝ち負けばかり気にしていると、疲れるのも当然です。

闘争心を燃やすにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギーにも限界があります。

あまりストレスをためすぎると、いずれ限界になるでしょう。

では、どうするか。

勝ち負けのない時間を作りましょう。

1人になる時間やリラックスする時間を作って、疲れた心を休ませましょう。

勝ち負けのない時間を作ることで、ストレスやプレッシャーから解放されます。

たとえば、趣味です。

読書・音楽鑑賞・映画観賞なら、勝ち負けがないので、リラックスしながら楽しめます。

ぼんやりとする時間も、時には大切です。

ぼんやりしながら楽しむ散歩や入浴には、勝ち負けがありません。

無意味な時間に思えますが、心を競争から解放できます。

ストレスやプレッシャーがないので、心が休まり、ストレスも解消されていきます。

社会で生きるかぎり、完全に勝ち負けから解放されるのは難しいですが、減らすことならできるはずです。

勝ち負けを気にしない時間を作ってエネルギーが充電されれば、再びエネルギッシュに競争にも立ち向かえるようになります。

たまにはストレスに満ちた世界を抜け出し、穏やかな環境で過ごしましょう。

勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間です。

頑張る力がみなぎる言葉(6)
  • 勝ち負けを気にしない時間を作る。
慰めの言葉を待つのは、もうやめる。

頑張る力がみなぎる30の言葉
頑張る力がみなぎる30の言葉

  1. 頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。<br>頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
    頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。
    頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
  2. 「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
    「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
  3. 頑張り方には、2種類ある。<br>「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
    頑張り方には、2種類ある。
    「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
  4. 「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
    「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
  5. 1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。<br>笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
    1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。
    笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
  6. 勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
    勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
  7. 慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
    慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
  8. 小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。<br>小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
    小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。
    小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
  9. 無気力というのは思い込み。<br>気力の出し方がわからないだけ。
    無気力というのは思い込み。
    気力の出し方がわからないだけ。
  10. 自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
    自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
  11. 苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
    苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
  12. 頑張っても、うまくいかないときもある。<br>頑張らなくても、うまくいくときもある。
    頑張っても、うまくいかないときもある。
    頑張らなくても、うまくいくときもある。
  13. チャンスは「足」でつかみに行こう。
    チャンスは「足」でつかみに行こう。
  14. チャンスは、トラブルの中にある。
    チャンスは、トラブルの中にある。
  15. 行き止まりではない。<br>行き止まりに見えるだけだ。
    行き止まりではない。
    行き止まりに見えるだけだ。
  16. 「頑張る」と「無理をする」は、違う。
    「頑張る」と「無理をする」は、違う。
  17. 失敗することを恐れるな。<br>本気でないことを恐れろ。
    失敗することを恐れるな。
    本気でないことを恐れろ。
  18. 「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
    「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
  19. 小さなことに、いちいちかっかしない。
    小さなことに、いちいちかっかしない。
  20. 悪条件に怒る人がいる。<br>悪条件を喜ぶ人がいる。
    悪条件に怒る人がいる。
    悪条件を喜ぶ人がいる。
  21. 最初は不純な動機であってもいい。<br>後から純粋な動機になればいい。
    最初は不純な動機であってもいい。
    後から純粋な動機になればいい。
  22. どうせダメなら、当たって砕けろ。
    どうせダメなら、当たって砕けろ。
  23. 成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
    成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
  24. 苦しいときは、自分に問いかける。<br>「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
    苦しいときは、自分に問いかける。
    「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
  25. 相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
    相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
  26. 個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
    個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
  27. 成功は、難しいから意味がある。
    成功は、難しいから意味がある。
  28. 犬ですら待つことができる。<br>待つことができないと、犬以下になる。
    犬ですら待つことができる。
    待つことができないと、犬以下になる。
  29. 失敗したから辞めるのではない。<br>失敗したから続けて頑張る。
    失敗したから辞めるのではない。
    失敗したから続けて頑張る。
  30. 最高のライバルは、過去の自分。
    最高のライバルは、過去の自分。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION