人生の教科書



生き方

充実した人生を送る
30の方法

お気に入り8 読んだ
16

非常識なことと仕方ないことを、
区別する。

非常識なことと仕方ないことを、区別する。 | 充実した人生を送る30の方法

人間関係では、相手を叱りたくなることもあるでしょう。

我慢しなければいけないと思いますが、言わなければいけないこともあります。

思っているだけでは伝わりません。

超能力者ではないですから、注意したいことがあれば、きちんと言葉に出して伝える必要があります。

 

しかし、迷惑なことをすべて叱るのはよくありません。

叱りそうになったとき、まず区別しておきたいことがあります。

「非常識なことなのか、仕方ないことなのか」という点です。

非常識なことなら、叱る必要はあるでしょう。

 

たとえば、悪い嘘をつかれたり、本人の不注意だったりなどです。

きちんと言って正してもらわなければ、同じことが繰り返されます。

叱るときは、感情的にならず、理性的になりましょう。

筋道を立てて簡潔に分かりやすく伝えれば、相手も受け入れてくれるはずです。

 

一方、仕方ないことなら、叱るのは要注意です。

 

たとえば、仕事・天気・運などによる悪影響です。

本人が最善を心がけても、及ばないことがあるでしょう。

もしくは、不可抗力もあるはずです。

本人に非がないことを叱っても仕方ありません。

迷惑であっても仕方ないことなら、我慢するのが賢明です。

仕方ないことなら、むしろ相手を励ます配慮がほしいところです。

「仕方ないよ」「気にしないで」など、優しい言葉をかければ、相手の心労も軽くなるでしょう。

どうしても一言言いたければ「改善できれば嬉しい」という希望を伝える程度にとどめるのが賢明です。

非常識なことと仕方ないことが区別できれば、人間関係の余計な摩擦を減らせるのです。

まとめ

充実した人生を送る方法 その16
  • 叱りそうになったときは、非常識なことと仕方ないことを区別する。
次のページ >>
すべてのいらいらは、心を鍛えるチャンス。

もくじ
(充実した人生を送る30の方法)

同じカテゴリーの作品