プラス思考

強く生きる
30の言葉

読んだ お気に入り6
24

明るい1日は、
誰かを褒めることから始めよう。

明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。 | 強く生きる30の言葉

明るい1日は、どう始めればいいでしょうか。

簡単です。

明るい1日は、誰かを褒めることから始めましょう。

「今日は誰を褒めようかな。どう褒めようかな」

そう考えていると、だんだん気持ちが盛り上がってくるでしょう。

じっとしていられなくなり、いても立ってもいられなくなるでしょう。

体がむずむずして、人に会いたくなってくるでしょう。

部屋の中にいるなら、外出したくなるでしょう。

話していると、相手の魅力や可能性に気づくことがあります。

魅力や可能性に気づいたら、褒めるチャンスです。

さりげなく褒めて、相手に伝えましょう。

「人を褒めても意味がない」と思っているなら誤解です。

相手を喜ばせたり楽しませたり元気にさせたりできます。

やる気にさせたり幸せな気持ちにさせたりできます。

隠れた長所や才能を見つけるお手伝いもできます。

「そういうふうに褒められたのは初めてです」と言われるかもしれません。

褒めると、相手に好印象を与えることができるため、仲を深めるきっかけにもなります。

相手は「小さなことまで見てくれている」と思い、嬉しくなります。

褒めても自分には関係がないと思うかもしれませんが、誤解です。

褒めることは、自分のテンションを上げる行為でもあります。

褒めるときにはポジティブな言葉を発します。

自分が発した言葉は、自分の耳で聞くことになるので、どんどん心が元気になります。

つまり、相手を明るくさせることは、自分を明るくさせることになるのです。

また褒めることは、脳の活性化にもつながります。

相手の長所や美点を見つけるには、頭を働かせる必要があります。

鋭い観察力と的確な洞察力を鍛える機会になります。

前向きに考えるポジティブ思考を鍛える機会にもなります。

多角的に相手を見る必要があるので、幅広い視野を鍛える機会にもなります。

普段から褒める習慣のある人はぼけません。

褒めることは頭の体操にもなるので、脳の活性化にもつながります。

褒め言葉は、魔法のようなもの。

お互いのためになるのが、褒める習慣です。

相手を褒める回数に決まりはありません。

少なくとも1日3回は褒めるようにするといいでしょう。

さあ、明るい1日のために、誰かを褒めに行きましょう。

今日は誰を褒めますか。

どこをどう褒めますか。

相手もあなたから褒められるのを待っています。

嬉しい1日は、誰かを褒めることから始めましょう。

まとめ

強く生きる言葉 その24
  • 誰かを褒める気持ちになって、明るい1日を始める。
働いて疲れたら、素直に休もう。
働いて元気でも、素直に休もう。

もくじ
強く生きる30の言葉
明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。 | 強く生きる30の言葉

  1. よく笑われた人が、一番出世する。
  2. 新人の気持ちは、常に持ち続けなければいけない。
  3. 能力は、最初からあるものではない。
    鍛えて身につけていくもの。
  4. 義務感でしていることは、長続きしない。
    使命感でしていることは、ずっと続く。
  5. 調子が悪くても、落ち込まない。
    調子がよくても、思い上がらない。
  6. 仕事をしないと、調子も出ない。
    調子は、仕事をしながら少しずつ出していくもの。
  7. 笑って話す行為には、負の記憶を昇華させる力がある。
  8. 体の傷は、消したくても、一生残る。
    心の傷は、諦めなければ、いつか消える。
  9. 雑草は、単なる草ではない。
    生命力を教える教科書。
  10. 早く成長しようとすると、すぐ元に戻る。
    ゆっくり成長しようとすると、なかなか戻らない。
  11. 本当に個性のある人は「人と違うように見られたい」と考えない。
  12. かまってもらおうとすると嫌われる。
    かまってあげようとすると好かれる。
  13. 自信がない人ほど、威張る。
    自信がある人ほど、威張らせる。
  14. 無理をしても、翌日の調子が悪くなるだけ。
    無理をしないマイペースが、一番結果を出せる。
  15. 「嫌われたくない」と思うから、苦しくなる。
    「嫌われてもいい」と思えば、楽になる。
  16. 自分を信じる人は、いざというときに強い。
  17. 怖いのは初めの1歩だけ。
  18. 一声を迷うから、疲れる。
    すぐ一声をかければ、疲れない。
  19. エリートコースは、レールの上ばかりではない。
    レールから外れたエリートコースもある。
  20. 怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しよう。
  21. 丁寧なお金の受け渡しは、金銭感覚を養う基本。
  22. 自分の影は、もう1人の自分。
    いらいらしたら、地面に映った自分の影を見つめよう。
  23. スポーツをしている人はぼけない。
    スポーツを見てばかりの人がぼける。
  24. 明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。
  25. 働いて疲れたら、素直に休もう。
    働いて元気でも、素直に休もう。
  26. 価値観や考え方が、変わることもあっていい。
    主張や信念が変わることもあっていい。
  27. 主役も素晴らしいが、脇役も素晴らしい。
    引っ張るのが才能なら、陰で支えるのも才能。
  28. 立派な社会人になる必要はない。
    普通の社会人で十分素晴らしい。
  29. 「話せば分かる」ではなく「会って話せば分かる」。
  30. 強い心は大切。
    柔らかい心はもっと大切。

同じカテゴリーの作品