プラス思考

強く生きる
30の言葉

2
23

スポーツをしている人はぼけない。
スポーツを見てばかりの人がぼける。

スポーツをしている人はぼけない。スポーツを見てばかりの人がぼける。 | 強く生きる30の言葉

ぼける人とぼけない人の、違いの1つ。

それは、スポーツです。

一言で「スポーツ」と言っても、するのと見るのとでは大きく違います。

天と地ほどの差があると言っていいでしょう。

まずスポーツをしている人は大丈夫です。

スポーツをしている人はぼけません。

ぼけの予防には、運動が効果的であることが証明されています。

体を動かすことは、脳の神経細胞を活性化させる働きがあります。

特に記憶をつかさどる海馬という領域は、一度死んだ細胞でも、運動を通して再生することが医学的に確認されています。

またスポーツをしていると、スポーツにおける喜怒哀楽といった感情を直接味わうことができます。

ぼけたくないなら、実際にスポーツをプレイして楽しむのが効果的です。

 

では、どんな人がぼけるのか。

スポーツを見てばかりの人がぼけるのです。

スポーツ観戦を楽しむのもいいでしょう。

スポーツ観戦が趣味の人もいれば、応援を生きがいにしている人もいるでしょう。

プロのスポーツ選手の活躍を見ると、充実した時間を楽しめるのは間違いありません。

 

しかし、スポーツを楽しむとはいえ、スポーツ観戦はあくまで受け身です。

スポーツを見ているだけでは刺激も限定されます。

プレイヤーのように、しっかり体を動かす場面がありません。

興奮や感動もありますが、プレイヤー本人が味わう感覚に比べると劣るでしょう。

スポーツ観戦なら、ぼうっとしていても楽しめます。

スポーツを見てばかりの人は、残念ながら、ぼけるリスクが高まるのです。

ぼけたくないなら、実際にスポーツを楽しむのが一番。

つまり、自分がプレイヤーになることが大切です。

自分がプレイヤーになることで、本当にスポーツを満喫できます。

しっかり体を動かし、汗を流し、充実した時間を送ることができます。

スポーツを通して「楽しい」「面白い」「嬉しい」という感動をダイレクトに味わえます。

勝つことの喜びや負けることの悔しさを味わうことも、ぼけ防止には効果的です。

適度なスポーツは、人生における充実感を高めます。

下手でも未熟でもマイペースでもかまいません。

団体競技が苦手なら、個人競技でもかまいません。

ジョギングやランニングなら、個人でも十分楽しめます。

過去の自分をライバルにして楽しめば、個人競技でいながら、ライバル心を燃やしながら取り組めるでしょう。

スポーツ観戦もいいですが、ぼけたくないなら、自分がプレイヤーになってスポーツを楽しむことが大切です。

スポーツをする人はぼけないのです。

強く生きる言葉(23)
  • ぼけたくないなら、スポーツを見てばかりではなく、実際にプレイヤーになって楽しむ。
明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。

もくじ
強く生きる30の言葉
スポーツをしている人はぼけない。スポーツを見てばかりの人がぼける。 | 強く生きる30の言葉

  1. よく笑われた人が、一番出世する。
    よく笑われた人が、一番出世する。
  2. 新人の気持ちは、常に持ち続けなければいけない。
    新人の気持ちは、常に持ち続けなければいけない。
  3. 能力は、最初からあるものではない。<br>鍛えて身につけていくもの。
    能力は、最初からあるものではない。
    鍛えて身につけていくもの。
  4. 義務感でしていることは、長続きしない。<br>使命感でしていることは、ずっと続く。
    義務感でしていることは、長続きしない。
    使命感でしていることは、ずっと続く。
  5. 調子が悪くても、落ち込まない。<br>調子がよくても、思い上がらない。
    調子が悪くても、落ち込まない。
    調子がよくても、思い上がらない。
  6. 仕事をしないと、調子も出ない。<br>調子は、仕事をしながら少しずつ出していくもの。
    仕事をしないと、調子も出ない。
    調子は、仕事をしながら少しずつ出していくもの。
  7. 笑って話す行為には、負の記憶を昇華させる力がある。
    笑って話す行為には、負の記憶を昇華させる力がある。
  8. 体の傷は、消したくても、一生残る。<br>心の傷は、諦めなければ、いつか消える。
    体の傷は、消したくても、一生残る。
    心の傷は、諦めなければ、いつか消える。
  9. 雑草は、単なる草ではない。<br>生命力を教える教科書。
    雑草は、単なる草ではない。
    生命力を教える教科書。
  10. 早く成長しようとすると、すぐ元に戻る。<br>ゆっくり成長しようとすると、なかなか戻らない。
    早く成長しようとすると、すぐ元に戻る。
    ゆっくり成長しようとすると、なかなか戻らない。
  11. 本当に個性のある人は「人と違うように見られたい」と考えない。
    本当に個性のある人は「人と違うように見られたい」と考えない。
  12. かまってもらおうとすると嫌われる。<br>かまってあげようとすると好かれる。
    かまってもらおうとすると嫌われる。
    かまってあげようとすると好かれる。
  13. 自信がない人ほど、威張る。<br>自信がある人ほど、威張らせる。
    自信がない人ほど、威張る。
    自信がある人ほど、威張らせる。
  14. 無理をしても、翌日の調子が悪くなるだけ。<br>無理をしないマイペースが、一番結果を出せる。
    無理をしても、翌日の調子が悪くなるだけ。
    無理をしないマイペースが、一番結果を出せる。
  15. 「嫌われたくない」と思うから、苦しくなる。<br>「嫌われてもいい」と思えば、楽になる。
    「嫌われたくない」と思うから、苦しくなる。
    「嫌われてもいい」と思えば、楽になる。
  16. 自分を信じる人は、いざというときに強い。
    自分を信じる人は、いざというときに強い。
  17. 怖いのは初めの1歩だけ。
    怖いのは初めの1歩だけ。
  18. 叱られるのは幸せなこと。<br>期待されている証拠だから。
    叱られるのは幸せなこと。
    期待されている証拠だから。
  19. エリートコースは、レールの上ばかりではない。<br>レールから外れたエリートコースもある。
    エリートコースは、レールの上ばかりではない。
    レールから外れたエリートコースもある。
  20. 怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しよう。
    怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しよう。
  21. 丁寧なお金の受け渡しは、金銭感覚を養う基本。
    丁寧なお金の受け渡しは、金銭感覚を養う基本。
  22. 自分の影は、もう1人の自分。<br>いらいらしたら、地面に映った自分の影を見つめよう。
    自分の影は、もう1人の自分。
    いらいらしたら、地面に映った自分の影を見つめよう。
  23. スポーツをしている人はぼけない。<br>スポーツを見てばかりの人がぼける。
    スポーツをしている人はぼけない。
    スポーツを見てばかりの人がぼける。
  24. 明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。
    明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。
  25. 働いて疲れたら、素直に休もう。<br>働いて元気でも、素直に休もう。
    働いて疲れたら、素直に休もう。
    働いて元気でも、素直に休もう。
  26. 価値観や考え方が、変わることもあっていい。<br>主張や信念が変わることもあっていい。
    価値観や考え方が、変わることもあっていい。
    主張や信念が変わることもあっていい。
  27. 主役も素晴らしいが、脇役も素晴らしい。<br>引っ張るのが才能なら、陰で支えるのも才能。
    主役も素晴らしいが、脇役も素晴らしい。
    引っ張るのが才能なら、陰で支えるのも才能。
  28. 立派な社会人になる必要はない。<br>普通の社会人で十分素晴らしい。
    立派な社会人になる必要はない。
    普通の社会人で十分素晴らしい。
  29. 「話せばわかる」ではなく「会って話せばわかる」。
    「話せばわかる」ではなく「会って話せばわかる」。
  30. 強い心は大切。<br>柔らかい心はもっと大切。
    強い心は大切。
    柔らかい心はもっと大切。

同じカテゴリーの作品