子育て

子育てに疲れたときの
30の言葉

読んだ お気に入り6
3

何でも親がしない。
できる範囲は、
子供に自分でやってもらおう。

何でも親がしない。できる範囲は、子供に自分でやってもらおう。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

あれもこれも、すべて親がしていませんか。

「子供にやらせるより自分がやったほうが早い」と思うかもしれません。

 

しかしそれでは、子供の成長が促されません。

親も、1人の人間です。

手は2本、足も2本、体は1つだけ。

体力も精神力も限界があります。

何でもすべてを親が抱え込んでは、いつか限界に達します。

子供が自分でできることなら、わざわざ親がする必要はないでしょう。

少しでも負担が軽くなるように、身の回りのことを少しずつ子供に自分でやらせるようにしていきましょう。

もちろん最初からすべてをやらせるのではなく、安全を考慮しつつ、できる範囲から少しずつ任せていきます。

「子供がかわいそう」と思っていると、いつまで経っても子供が成長できません。

少しずつ自分でやらせる範囲を広げていくことで、子供も成長が促されます。

親も楽になります。

行動を促すときに心がけたいのは、命令する言い方より、背中を押す言い方です。

「自分でやりなさい」より「自分でやりましょう」という言い方のほうが、子供は素直に聞き入れてくれるでしょう。

自分でできるようになれば、しっかり褒めましょう。

「頑張ったね。えらいね」

「よくできるようになったね。すごい」

「1人でできるようになってかっこいいな」

褒めると、子供は喜んでもっと自分でやるようになります。

子供の成長スピードがどんどん速くなるのです。

まとめ

子育てに疲れたときの言葉 その3
  • できる範囲は、子供に自分でやってもらう。
子供の寝顔は、天使の表情。
子供の寝息は、癒しのメロディー。

もくじ
子育てに疲れたときの30の言葉
何でも親がしない。できる範囲は、子供に自分でやってもらおう。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

  1. 子育てに苦労した親ほど、後から子供に感謝される。
  2. 子育てを通して、親も成長する。
  3. 何でも親がしない。
    できる範囲は、子供に自分でやってもらおう。
  4. 子供の寝顔は、天使の表情。
    子供の寝息は、癒しのメロディー。
  5. 親として、100点満点を目指さない。
  6. 弱音を吐かないと、立派な親になれない。
  7. もたもたする子供にいらいらするのは、自分に余裕がなくなっている証拠。
  8. あなたの愛情こそ、子供を成長させる最高の栄養。
  9. 子育てから開放される時間は、ないよりあったほうがいい。
  10. 子育ては、苦しむものではなく、楽しむもの。
  11. 一緒に歌うと、親子の絆がますます深まる。
  12. 「まだ子供だからね」という一言に、子供は傷つく。
  13. 子供を笑わせるときは、親も子供に戻る時間。
  14. 子供は、喜びと感動を与えてくれる存在。
  15. 子供の発達が遅くても、いらいらしない。
  16. 子育てを通して、本当の自分を知る。
  17. 親が変われば、子供も変わる。
  18. 「昔の自分」と思いながら子供と接すれば、優しくなれる。
  19. わが子に感謝すればするほど、親が癒される。
  20. 子育てに疲れてきたら、子供の素晴らしい点を見つければいい。
  21. 「重くなった」ではなく「成長した」と考えれば、重さが嬉しさに変わる。
  22. 子供が過剰に甘えてくるなら、親からの愛情が足りない可能性がある。
  23. 手間のかかる子供は、将来、大きな可能性を秘めている。
  24. のんびりだけど、精いっぱい頑張る。
  25. 「今日は全然ダメだった」という日もあっていい。
  26. 子育ての3大原則。
    「飽きない」「焦らない」「諦めない」。
  27. 時間が経つのは早い。
    子育てを楽しめるのも、実際はあっという間。
  28. あなたの子育ては、国の未来にもつながっている。
  29. どんな子に育つかは、親が決めることではない。
    子供が決めること。
  30. 今日のあなたの目標。
    子供に愛情をたっぷり与えること。

同じカテゴリーの作品