子育て

子育てに疲れたときの
30の言葉

読んだ お気に入り2
10

子育ては、
苦しむものではなく、
楽しむもの。

子育ては、苦しむものではなく、楽しむもの。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

「子育てを楽しもう」という意識を持ってください。

「しなければいけない」と思いながら子供と接すると、体が重く感じるようになります。

子育てに義務感があると、息苦しくなって疲れやすくなります。

多くのトラブルを生み出す子供が、怪物のように見えてくるでしょう。

嫌になるから、子供の接し方が雑になる。

雑になると、余計に子供は暴れるようになり、手間が増える悪循環に陥ります。

最悪の場合、子供の顔を見るのすら嫌になる可能性もあります。

「しなければいけない」と思いながら、子供と接するのではありません。

「子育てを楽しもう」という意識を持つのです。

楽しむ意識を持って接すれば、少々大変なことがあっても、快く受け止められるようになります。

手間がかかることを楽しみましょう。

もたもたする子供を見たとき、いらいらしなくなり、かわいいと思えるようになります。

思いどおりにならないことを楽しみましょう。

部屋を散らかす子供を見て「元気でよろしい」と思えるようになります。

意識を少し変えるだけで、子育てという奮闘が、喜びと感動を与えてくれる喜劇に変わるでしょう。

思いどおりにならないから、子育てはやりがいがあります。

親が子育てを楽しむ様子は、子供にも自然と伝わります。

親が生き生きしている様子を見れば、そんなあなたを子供はもっと好きになってくれるでしょう。

子育ては、苦しむものではなく、楽しむものなのです。

まとめ

子育てに疲れたときの言葉 その10
  • 子育てを楽しもうと考える。
一緒に歌うと、親子の絆がますます深まる。

もくじ
子育てに疲れたときの30の言葉
子育ては、苦しむものではなく、楽しむもの。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

  1. 子育てに苦労した親ほど、後から子供に感謝される。
  2. 子育てを通して、親も成長する。
  3. 何でも親がしない。
    できる範囲は、子供に自分でやってもらおう。
  4. 子供の寝顔は、天使の表情。
    子供の寝息は、癒しのメロディー。
  5. 親として、100点満点を目指さない。
  6. 弱音を吐かないと、立派な親になれない。
  7. もたもたする子供にいらいらするのは、自分に余裕がなくなっている証拠。
  8. あなたの愛情こそ、子供を成長させる最高の栄養。
  9. 子育てから開放される時間は、ないよりあったほうがいい。
  10. 子育ては、苦しむものではなく、楽しむもの。
  11. 一緒に歌うと、親子の絆がますます深まる。
  12. 「まだ子供だからね」という一言に、子供は傷つく。
  13. 子供を笑わせるときは、親も子供に戻る時間。
  14. 子供は、喜びと感動を与えてくれる存在。
  15. 子供の発達が遅くても、いらいらしない。
  16. 子育てを通して、本当の自分を知る。
  17. 親が変われば、子供も変わる。
  18. 「昔の自分」と思いながら子供と接すれば、優しくなれる。
  19. わが子に感謝すればするほど、親が癒される。
  20. 子育てに疲れてきたら、子供の素晴らしい点を見つければいい。
  21. 「重くなった」ではなく「成長した」と考えれば、重さが嬉しさに変わる。
  22. 子供が過剰に甘えてくるなら、親からの愛情が足りない可能性がある。
  23. 手間のかかる子供は、将来、大きな可能性を秘めている。
  24. のんびりだけど、精いっぱい頑張る。
  25. 「今日は全然ダメだった」という日もあっていい。
  26. 子育ての3大原則。
    「飽きない」「焦らない」「諦めない」。
  27. 時間が経つのは早い。
    子育てを楽しめるのも、実際はあっという間。
  28. あなたの子育ては、国の未来にもつながっている。
  29. どんな子に育つかは、親が決めることではない。
    子供が決めること。
  30. 今日のあなたの目標。
    子供に愛情をたっぷり与えること。

同じカテゴリーの作品