執筆者:水口貴博

幼児がすくすく育つ
30の教育方法(1歳~6歳)

13
27

いっぱい愛情を受けた子どもほど、
成長が早くなる。

いっぱい愛情を受けた子どもほど、成長が早くなる。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

幼児期は、愛情をいっぱい注ぐ時期です。

たくさん注ぎすぎてしすぎることはありません。

もちろん甘やかすのはいけませんが、甘えさせるのはOKです。

子どもが泣けば、抱っこして慰めてあげましょう。

頑張ったときには、たくさん褒める。

つらいときには、慰めてあげる。

子どもには、親から愛情を受けることほど幸せを感じることはありません。

スキンシップをしたり、褒められたりして、次第に成長します。

「子どものころから甘えさせると習慣になる」という人もいますが、そうではありません。

習慣にはなりません。

子どものころに甘えさせ、十分な愛情を注ぐことで、強くなります。

なぜでしょうか。

親からいっぱいの愛情を受けると、子どもは自信と安心を感じるからです。

「自分は親に守られている」という安心。

「自分にはいざというときに親がいる」という自信。

この2つがあれば、子どもは「少し新しいことに挑戦してみようかな」という気になります。

やる気や勇気が、自然に湧いてきます。

子どもは、じっとできないほど冒険心にあふれています。

いくら冒険とはいえ、新しいことに挑戦するためには、保険をかけておきたいと思います。

親からの愛情を受けることで得られる「安心と自信」が土台になり、新しいことに挑戦しようと「やる気」や「勇気」が湧きます。

親からの愛情が、子どもの成長を促すポイントです。

まず親は、子どもを徹底的に安心させてあげましょう。

成長を促そうと冷たくあたるより、温かく接するほうが、はるかに成長します。

親からの愛情を受けた子は、成長が遅いどころか、むしろ早くなるのです。

幼児がすくすく育つ教育方法(1歳~6歳)(13)
  • 「いざというとき助けてあげるよ」という安心感を、伝える。
親がキレやすいと、子どももキレやすくなる。

幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)
幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

  1. 3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。
    3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。
  2. 自分の子どもに向かって、笑顔で「ありがとう」と言う。
    自分の子どもに向かって、笑顔で「ありがとう」と言う。
  3. いくら気になるとはいえ、他の子と比べない。
    いくら気になるとはいえ、他の子と比べない。
  4. 子どもは親に触れているとき、一番安心する。
    子どもは親に触れているとき、一番安心する。
  5. 子どもと話をするときには、大人が子どもの目線に合わせて話をする。
    子どもと話をするときには、大人が子どもの目線に合わせて話をする。
  6. 子どもの頭は、絶対に叩かない。<br>叩くくらいなら、優しく手を握り締める。
    子どもの頭は、絶対に叩かない。
    叩くくらいなら、優しく手を握り締める。
  7. お風呂の温度は、大人と子どもで感じ方が違う。
    お風呂の温度は、大人と子どもで感じ方が違う。
  8. 子どもは、悪さをしたくて、しているのではない。
    子どもは、悪さをしたくて、しているのではない。
  9. 大人のスピードは、子どもには速すぎる。
    大人のスピードは、子どもには速すぎる。
  10. 「まだわかっていない」という子どもを、わかってあげる。
    「まだわかっていない」という子どもを、わかってあげる。
  11. 子どもから目を離す時間が、だんだん長くなっていませんか。
    子どもから目を離す時間が、だんだん長くなっていませんか。
  12. 親と子とでは、見える世界が全然違う。
    親と子とでは、見える世界が全然違う。
  13. いっぱい愛情を受けた子どもほど、成長が早くなる。
    いっぱい愛情を受けた子どもほど、成長が早くなる。
  14. 親がキレやすいと、子どももキレやすくなる。
    親がキレやすいと、子どももキレやすくなる。
  15. 親からたくさん話しかけられた子どもは、言語の習得が早くなる。
    親からたくさん話しかけられた子どもは、言語の習得が早くなる。
  16. 「悪いことをしてはいけません」という教え方だけでは、幼い子どもは納得できない。
    「悪いことをしてはいけません」という教え方だけでは、幼い子どもは納得できない。
  17. 子育てにはチームワークが必要だ。
    子育てにはチームワークが必要だ。
  18. 子どもの話をたっぷり聞いてあげられる親になる。
    子どもの話をたっぷり聞いてあげられる親になる。
  19. 子どもはお手伝いによって、成長する。
    子どもはお手伝いによって、成長する。
  20. 子どもと一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
    子どもと一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
  21. 「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
    「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
  22. 子どもは子どもとして、日々学ぶ。<br>親も親として、日々学ぶ。
    子どもは子どもとして、日々学ぶ。
    親も親として、日々学ぶ。
  23. 肉声による昔話には、想像力を高める効果がある。
    肉声による昔話には、想像力を高める効果がある。
  24. 子どもの喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
    子どもの喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
  25. 子どもが甘えてこないからと言って、そっとしてほしいとは限らない。
    子どもが甘えてこないからと言って、そっとしてほしいとは限らない。
  26. 祖父や祖母に頼ったほうが、子育ての質は格段によくなる。
    祖父や祖母に頼ったほうが、子育ての質は格段によくなる。
  27. 子育てには休日がない。<br>大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。
    子育てには休日がない。
    大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。
  28. いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
    いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
  29. 兄弟・姉妹に対して、平等に接すること。
    兄弟・姉妹に対して、平等に接すること。
  30. 手がかからない子になり始めたときこそ、注意せよ。
    手がかからない子になり始めたときこそ、注意せよ。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION