子育て

子供の身長を伸ばす
30の方法

  • 身長を伸ばすためには、
    正しい知識が必要。
    世の中の俗説に惑わされない。
子供の身長を伸ばす30の方法

もくじ
  1. 身長を伸ばすためには、正しい知識が必要。
    世の中の俗説に惑わされない。

    身長を伸ばすためには「正しい知識」が必要です。
    身長を伸ばす方法の中には、正しい内容もあれば、誤った内容もあります。
     

  2. 身長の増加には期限がある。
    思春期は、身長を伸ばす最後のチャンス。

    思春期と言えば「体が著しく成長する時期」という認識があります。
    個人差はありますが、思春期とは「12歳から17歳ごろ」を指す場合が一般的です。
    男性の場合、ひげが生えて、声変わりが起こります。

  3. 身長を伸ばすための3大要素。
    「食事」「睡眠」「運動」。

    身長を伸ばすための3大要素があります。
    「食事」「睡眠」「運動」です。
    3つのうち1つを心がければいいわけではなく、3つともバランスよく心がけることが大切です。

  4. 身長を伸ばすために重要な5つの栄養素。

    身長を伸ばすために重要な栄養素が、5つあります。
    「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」です。
    もちろんバランスの取れた栄養摂取は前提ですが、身長を伸ばすなら、この5つの栄養素が欠かせません。

  5. 育ち盛りの子供には、単品メニューより定食メニュー。

    毎日子供の料理を作るのに苦労している親御さんたちも多いでしょう。
    毎日料理を作るとなると、時間と労力がかかります。
    少しでも料理の手間暇を減らしたい親も多いのではないでしょうか。

  6. 1日に必要なタンパク質は、年齢によって異なる。

    1日に必要なタンパク質はどのくらいでしょうか。
    成人した大人の場合「体重1キログラムにつきタンパク質1グラム」という単純計算で求めることができます。
     

  7. 成長期のダイエットは、身長の増加に悪影響。

    中学生ごろになると、ダイエットに興味も出てくる年ごろ。
    ファッション誌のモデルといえば、細身の体型の人ばかり。
    メディアで活躍する有名人も、スリムな人が目立ちます。

  8. 肥満体は、身長が伸びにくい。
    脂肪が多すぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。

    子供の健全な発育には、多くの栄養が必要です。
    特に体の成長が著しい思春期は、大人以上に多くの栄養が必要です。
    骨の成長に関わる栄養素は「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」の5つ。

  9. 栄養摂取は、食事が基本。
    サプリメントは、あくまで補助。

    育ち盛りの思春期では、多くの栄養素が必要です。
    身長を伸ばすのに有効な栄養素は「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」の5つが重要です。
    これらの栄養素が不足していると、スムーズに身長を伸ばすことは難しくなります。

  10. 栄養の吸収率を高めるポイントは、明るい気持ちで楽しく食べること。

    身長を伸ばしたいなら、食事のときの気持ちもポイントです。
    できるだけ明るい気持ちで楽しく食べたほうが、栄養の吸収率が高くなるからです。
    これは単なる精神論ではありません。

  11. 食品添加物を多く含む食品は、できるだけ避けよう。

    食品を選ぶときに配慮したいのは、栄養だけではありません。
    食品添加物にも配慮が必要です。
    栄養ばかりに意識が向く一方、食品添加物の存在が見落とされる傾向があります。

  12. 加工食品の食品添加物を少しでも取り除く工夫。

    食品添加物と無縁の生活は難しいのが現状です。
    特に加工食品の場合、無添加食品を除き、大量の添加物が使われています。
    食品添加物は、体内のミネラル分の排出を促す悪影響があります。

  13. 環境ホルモンを避ける5つのポイント。

    子供に食事を作る際、環境ホルモンにも配慮しておきましょう。
    環境ホルモンとは、生活環境中にあり、体内に取り込むと、ホルモンに似た作用を持つ合成化学物質のことを言います。
    性ホルモンに似た作用をするため、少量でも体内に入ると、本来のホルモンバランスを狂わせる恐れがあります。

  14. おやつの差が、身長の差になる。

    午後の3時ごろといえば、おやつの時間です。
    おやつに何を食べるか。
    ここがポイントです。

  15. 夜食は、成長ホルモンの分泌に悪影響。

    思春期は、やることが多くて忙しくなる時期。
    塾・部活動・習い事があって、夜遅くまで起きてしまいがちです。
    特に試験前など、徹夜で頑張らなければいけない時期があるでしょう。

  16. 夜更かしや睡眠不足は、骨の成長の大敵。
    身長が伸びるのは睡眠中。

    私たちの身長が伸びる要因の1つは、成長ホルモンの分泌です。
    成長ホルモンによって骨の成長が促された結果、身長が伸びます。
     

  17. 身長を伸ばすための十分な睡眠時間。

    身長を伸ばすためには、十分な睡眠が必要です。
    この「十分な睡眠」とは、どのくらいの時間を指すのでしょうか。
    実は、身長を伸ばすための十分な睡眠時間は、年齢によって異なります。

  18. 成長ホルモンには、分泌されやすいゴールデンタイムがある。

    成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。
    睡眠に入って最初の2時間前後で大量の成長ホルモンが分泌され、その後は緩やかに分泌されます。
     

  19. 睡眠前の水分の取り方が、身長の伸びに影響する。

    睡眠前の水分の取り方に要注意です。
    寝る前に、どんな飲み物を、どれだけ飲むか。
    ささいなことに思えますが、睡眠前の水分の取り方によっては、身長の伸びが悪影響になる場合があります。

  20. 睡眠は、長さだけでなく、質も大事。

    睡眠で大切なのは、時間だけではありません。
    質も大切です。
    いくら睡眠時間が長くても、睡眠が浅いと、成長ホルモンの分泌が少なくなります。

  21. 身長を伸ばすためには「縦方向の運動」が効果的。

    身長を伸ばすためには、運動が大切です。
    運動によって骨の内部に刺激が伝わると、骨芽細胞を活性化させ、骨の成長を促せます。
    家にこもってゲームやインターネットばかりでは、運動不足になり、身長は十分伸びません。

  22. 好きでもないスポーツを、無理やりさせない。

    身長を伸ばすには、縦方向の運動が有効です。
    スポーツでは、バスケットボール・バレーボール・サッカー・テニス・ダンスです。
    身長を伸ばすことに関しては、有利に働きやすいスポーツと言えるでしょう。

  23. ストレスをためすぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。

    成長を妨げる要因として見落とされがちなもの。
    それは、ストレスです。
    ストレスも、成長ホルモンの分泌を妨げる要因の1つです。

  24. 身長を伸ばすには、生活習慣が欠かせない。

    身長を伸ばすためには、さまざまな取り組みがあります。
    ・たくさん食べても、カロリーの取りすぎには注意する
    ・飲み物は、普通の水分より、栄養が豊富な水分を飲む

  25. 休日であっても、油断しない。

    身長を伸ばす心がけがおろそかになりがちな日。
    それは、休日です。
    平日は、食事・睡眠・運動を正しく心がけていても、休日になると油断しがちです。

  26. 身長が高くなった自分をイメージして、努力を促す。

    子供に、身長が高くなった自分をイメージさせましょう。
    身長が伸びたことで理想の未来を手に入れている場面をイメージさせると、さらに効果的です。
    もちろんイメージをしただけで、すぐ身長が伸びるわけではありません。

  27. 思春期の開始と終了を遅らせる3つの方法。

    思春期とは、子供から大人へと成長する時期。
    思春期は、12歳ごろから始まり、17歳ごろに終わるのが一般的です。
    身長を伸ばしたいなら、思春期の開始と終了を遅らせましょう。

  28. 「4分の1が遺伝で決まる」と嘆くのではない。
    「4分の3は努力で伸ばせる」と考えよう。

    身長は、遺伝による影響があります。
    身長は、遺伝的要因が大きい部分。
    もちろん個人差はありますが、およそ25パーセントは遺伝が影響すると言われています。

  29. 身長が伸びない場合は、病気の可能性を疑ってみる。

    「同じ年齢の人と比べて、極端に身長が低い」
    「栄養や睡眠が十分にもかかわらず、身長が伸びない」
    「家族に低身長の病気にかかった人がいる」

  30. 愛情こそ、子供の成長に一番大切な栄養素。

    身長を伸ばすために一番大切なのは何でしょうか。
    栄養でしょうか。
    睡眠でしょうか。

同じカテゴリーの作品