子育て
「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
子育て
いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
子育て
親がキレやすいと、子供もキレやすくなる。
子育て
子供と一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
子育て

幼児がすくすく育つ
30の教育方法(1歳~6歳)

読んだ お気に入り25
6

子供の頭は、
絶対に叩かない。
叩くくらいなら、
優しく手を握り締める。

子供の頭は、絶対に叩かない。叩くくらいなら、優しく手を握り締める。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

教育やしつけの一環として、親は子供を叩きそうになるときがあります。

平手で叩く。

握り拳で殴る。

足でける。

言うことを聞かないときには、痛みで分からせようと思います。

いくら教育やしつけとはいえ、こうした暴力は絶対にNGです。

子供には、インパクトがありすぎます。

脳が未発達の状態で頭を叩くなんて、もってのほか。

いくら教育とはいえ、体罰はよくありません。

子供には強い恐怖を感じるだけでなく、小さな頭を強く叩かれるのはとても危険です。

大人にとって弱い力でも、子供には強い力に感じます。

 

では、子供を叩きそうになったとき、どうすればいいのでしょうか。

1つアドバイスがあります。

子供の手を優しく握り締めましょう。

もちろん強すぎないように注意です。

ほんの少し握手に力を入れるくらいでいい。

初対面の人と、感情を込めて握手をするようなイメージです。

少し圧迫感のある握り方で「これはよくないことですよ」というメッセージを子供へ伝えます。

この方法なら、子供へのインパクトはありません。

けがを負うこともないので安心ですね。

スキンシップを通して、気持ちを伝えることができるのです。

まとめ

幼児がすくすく育つ教育方法(1歳~6歳) その6
  • 子供を叩きそうになったときは、手を少し強めに握る。
お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。

もくじ
幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)
子供の頭は、絶対に叩かない。叩くくらいなら、優しく手を握り締める。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

  1. 3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。
  2. 自分の子供に向かって、笑顔で「ありがとう」と言う。
  3. いくら気になるとはいえ、他の子と比べない。
  4. 子供は親に触れているとき、一番安心する。
  5. 子供と話をするときには、大人が子供の目線に合わせて話をする。
  6. 子供の頭は、絶対に叩かない。
    叩くくらいなら、優しく手を握り締める。
  7. お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。
  8. 子供は、悪さをしたくて、しているのではない。
  9. 大人のスピードは、子供には速すぎる。
  10. 「まだ分かっていない」という子供を、分かってあげる。
  11. 子供から目を離す時間が、だんだん長くなっていませんか。
  12. 親と子とでは、見える世界が全然違う。
  13. いっぱい愛情を受けた子供ほど、成長が早くなる。
  14. 親がキレやすいと、子供もキレやすくなる。
  15. 親からたくさん話しかけられた子供は、言語の習得が早くなる。
  16. 「悪いことをしてはいけません」という教え方だけでは、幼い子供は納得できない。
  17. 子育てにはチームワークが必要だ。
  18. 子供の話をたっぷり聞いてあげられる親になる。
  19. 子供はお手伝いによって、成長する。
  20. 子供と一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
  21. 「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
  22. 子供は子供として、日々学ぶ。
    親も親として、日々学ぶ。
  23. 肉声による昔話には、想像力を高める効果がある。
  24. 子供の喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
  25. 子供が甘えてこないからと言って、そっとしてほしいとは限らない。
  26. 祖父や祖母に頼ったほうが、子育ての質は格段によくなる。
  27. 子育てには休日がない。
    大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。
  28. いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
  29. 兄弟・姉妹に対して、平等に接すること。
  30. 手がかからない子になり始めたときこそ、注意せよ。

同じカテゴリーの作品