子育て

子育てに疲れたときの
30の言葉

読んだ お気に入り3
15

子供の発達が遅くても、
いらいらしない。

子供の発達が遅くても、いらいらしない。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

子育てをしていると気になってしまうのが、発達のスピードです。

子供がいると、ほかの子持ちの親と接する機会が増えるでしょう。

このとき、ほかの子と比べてしまいがちです。

他の子がわが子より早く歩けるようになると「うちの子は大丈夫かな」と、焦るかもしれません。

他の子がわが子より話せるようになると「うちの子は発達が遅いのかな」と、不安になることもあるでしょう。

 

たしかに歩いたり話したり始める目安はありますが、あくまで一般的な目安にすぎません。

「発達が早いからよい」「発達が遅いから悪い」と考えるのは、ナンセンスです。

発達のスピードは、子供によって異なります。

「時間がかかっている」ではなく「時間をかけている」と考えましょう。

覚えて遅いのではなく、丁寧に覚えているだけです。

小さなことにとらわれず、どっしり構えることです。

スピードが遅いからとはいえ、止まっているわけではありません。

発達のスピードにとらわれていると、大切なことを見失います。

子供への愛情が不足したり、子供の気持ちの理解を忘れがちになったりします。

結果として、かえって子供の可能性を伸ばしにくくなってしまうのです。

大切なことは、子供のペースを尊重することです。

子供に無理をさせず、ありのままの成長に任せましょう。

気長に期待できる親が、子供の可能性を伸ばすのです。

まとめ

子育てに疲れたときの言葉 その15
  • 子供の発達が遅くても、無理をさせず、ありのままの成長に任せる。
子育てを通して、本当の自分を知る。

もくじ
子育てに疲れたときの30の言葉
子供の発達が遅くても、いらいらしない。 | 子育てに疲れたときの30の言葉

  1. 子育てに苦労した親ほど、後から子供に感謝される。
  2. 子育てを通して、親も成長する。
  3. 何でも親がしない。
    できる範囲は、子供に自分でやってもらおう。
  4. 子供の寝顔は、天使の表情。
    子供の寝息は、癒しのメロディー。
  5. 親として、100点満点を目指さない。
  6. 弱音を吐かないと、立派な親になれない。
  7. もたもたする子供にいらいらするのは、自分に余裕がなくなっている証拠。
  8. あなたの愛情こそ、子供を成長させる最高の栄養。
  9. 子育てから開放される時間は、ないよりあったほうがいい。
  10. 子育ては、苦しむものではなく、楽しむもの。
  11. 一緒に歌うと、親子の絆がますます深まる。
  12. 「まだ子供だからね」という一言に、子供は傷つく。
  13. 子供を笑わせるときは、親も子供に戻る時間。
  14. 子供は、喜びと感動を与えてくれる存在。
  15. 子供の発達が遅くても、いらいらしない。
  16. 子育てを通して、本当の自分を知る。
  17. 親が変われば、子供も変わる。
  18. 「昔の自分」と思いながら子供と接すれば、優しくなれる。
  19. わが子に感謝すればするほど、親が癒される。
  20. 子育てに疲れてきたら、子供の素晴らしい点を見つければいい。
  21. 「重くなった」ではなく「成長した」と考えれば、重さが嬉しさに変わる。
  22. 子供が過剰に甘えてくるなら、親からの愛情が足りない可能性がある。
  23. 手間のかかる子供は、将来、大きな可能性を秘めている。
  24. のんびりだけど、精いっぱい頑張る。
  25. 「今日は全然ダメだった」という日もあっていい。
  26. 子育ての3大原則。
    「飽きない」「焦らない」「諦めない」。
  27. 時間が経つのは早い。
    子育てを楽しめるのも、実際はあっという間。
  28. あなたの子育ては、国の未来にもつながっている。
  29. どんな子に育つかは、親が決めることではない。
    子供が決めること。
  30. 今日のあなたの目標。
    子供に愛情をたっぷり与えること。

同じカテゴリーの作品