読み上げ動画・音声
心の健康
よく噛んで食べれば、おかずなしでもご飯はおいしい。
食事マナー
「汁物、ご飯、おかず」の順に食べよう。
ストレス対策
じゃんけんは、運による勝負ではない。
受験対策
大豆食品は、脳機能を向上させる働きがある。
食事マナー
ケーキの上のイチゴ。
先に食べるか、後に食べるか。
それが問題だ。
自分磨き
いい女性は「また今度ね」とは言わない。
「じゃあ今からね」と言う。

がよくなる食生活

お気に入り4 読んだ
その24

カボチャ煮物ほど、
おいしいレシピはない

カボチャの煮物ほど、おいしいレシピはない。 | 頭がよくなる食べ物と食生活

は、幼いころからカボチャが大好きです。

なぜカボチャが好きなのか。

甘くておいしいからです。

カボチャはとても不思議です。

野菜といえば「苦い」「まずい」「固い」というイメージが強いですが、カボチャだけは異彩を放っています。

煮物にすると甘くて柔らかく、野菜とは思えません。

おやつにしてもいいくらいです。

グリーンピース・ピーマン・ニンジンが大嫌いという話はよく耳にしますが、カボチャが大嫌いというのはあまり耳にしません。

もちろん嫌いな人もいるでしょうが、少数派のはずです。

私も、子供のころからカボチャは好きでした。

母がご飯のおかずにカボチャの煮物をよく出してくれていましたが、甘くてご飯よりよく食べていました。

なんといっても色がいい。

黄色いカボチャは食卓を明るく彩り、見ているだけで気分がぱっと明るくなりませんか。

明るい色が食欲を刺激して、食が進みます。

カボチャの煮物ほど、おいしいレシピはありません。

母はいつも強く勧めていました。

「健康にいいからたくさん食べなさい」と言って、水口家の食卓を明るく彩るおかずの1つでした。

そんなカボチャには、頭によいビタミンも含まれています。

バランスよく栄養価に優れていますが、特に注目は「ビタミンB1」です。

ビタミンB1には、脳の神経の機能を正常に保つ働きがあります。

脳のエネルギー源であるブドウ糖の代謝がよくなります。

ブドウ糖の代謝がよくなれば、脳や神経に十分にエネルギーが供給され、記憶力・集中力・思考力が向上します。

おいしいだけでなく、脳にも効く素晴らしい野菜です。

今晩のおかずに、おいしいカボチャはいかがでしょうか。

頭がよくなる食べ物と食生活 その24

  • 今晩のおかずは、
    カボチャにする

次の記事

玄米が苦手な人は、胚芽米がおすすめ。

もくじ
(頭がよくなる食べ物と食生活)

同じカテゴリーの作品