人生の教科書



ビジネスマナー
テーブルの上に荷物を置かない。
ビジネスマナー
「ニンニク」「タバコ」「汗」は、においが残りやすい。
就職活動
カバンを椅子の上に置くのは、基本的にマナー違反。
ビジネスマナー
ウエイター、ウエイトレスを「お兄ちゃん、お姉ちゃん」と呼ぶ人は、品位を疑われる。
ビジネスマナー
食事の際は、音を立てないこと。
ビジネスマナー
おしぼりで、顔を拭いていませんか。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り0 読んだ
7

食事中のタバコは、
マナー違反。

食事中のタバコは、マナー違反。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

社会人にもなれば、タバコのマナーはしっかり守る意識を持たなければなりません。

特に食事中のタバコには注意が必要です。

 

たとえば、会社仲間と一緒にお昼休みに食事へ向かいます。

自分が定食を早く食べ終えたからとはいえ、タバコを吸うのはいけません。

基本的に「食事中のタバコはマナー違反」です。

自分は食事が終わっていても、相手はまだ食事中です。

自分の吸うタバコの煙で、まだ食事をしている人の食事の味を台無しにしてしまうからです。

一緒に食事をしている相手も、同じくタバコを吸う喫煙者でもよくありません。

周りには、ほかのお客さんもたくさんいます。

自分たちは大丈夫だと思っても、ほかのお客さんに迷惑をかける時点でマナー違反です。

周囲の人たちのことを考えられないようでは、社会人として失格です。

さらに相手が上司になる場合には、タバコはもってのほかです。

相手の許可もなく、勝手にタバコを吸うのは注意が必要です。

タバコを吸う姿は横柄な態度にも映りやすく、上司の気分を害してしまいます。

どうしても吸いたいときには、一言「タバコを吸ってもよろしいですか」と許可を得てからにしましょう。

タバコは、百害あって一利なしなのです。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その7
  • 食事中にタバコを吸うのは、やめる。
次のページ >>
食事中に会話をしてもいいが、口に食べ物を入れたままは厳禁。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品