人生の教科書



ビジネスマナー
無礼講だとはいえ、本当に無礼になってはいけない。
成功哲学
ささいなことにもお礼を言う人が、モテる。
ビジネスマナー
忘れる人が多い、おごってもらったときのお礼。
ビジネスマナー
「すみません」という言葉を使って、お礼を言っていませんか。
仕事効率化
感謝とお礼は、できるだけ早くする。
ビジネスマナー
すぐ電話を切る人とは、縁も切れる。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り3 読んだ
25

おごってもらったら、
お礼を伝えるチャンスは3回ある。

おごってもらったら、お礼を伝えるチャンスは3回ある。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

上司から食事をおごってもらった際には、お礼は欠かせません。

 

しかし、お礼を1回だけで済ませていませんか。

「1回で何が悪い!」と言う人もいるでしょう。

1回では普通です。

3回は言わなければなりません。

ほかの人よりマナーのある人だと印象強く持ってもらうためには、お礼を言う回数をほかの人より多くすることがポイントです。

まず1回目のお礼は、会計の際です。

  • 「今日は俺のおごりだからいいよ」

上司が気前よく話しかけてくれれば、まず1回目のお礼を言います。

  • 「本当によろしいですか。ありがとうございます」

上司も立場というものがありますから、素直に受け止め感謝するのがスマートです。

ときどき「いいえ、結構です」と謙遜する人がいますが、上司は地位を示したい気持ちがありますから、反発は逆効果です。

2回目のお礼は、別れ際です。

「今日はごちそうさまでした」と別れ際にお礼を言うと、お互いに気持ちのいい締めくくりができます。

3回目のお礼は、翌日、出社した際です。

  • 「おはようございます。昨日はごちそうさまでした」

お礼を挨拶として言えば、さらに上司は機嫌よくしてくれます。

お互いに気持ちのよい朝をスタートさせることができます。

この3回で十分です。

あるマナー本には「おごってもらったときには5回はお礼を言う」ということが書かれていることがあります。

自分が上司になってよく分かるのですが、あまり何度もしつこくお礼を言われるのも、くどいと感じます。

3回以上同じことを繰り返されると、たとえお礼でも「またか」と思い始めます。

回数がただ多ければいいわけではなく、適度さも考慮に入れておくことが大切です。

適度な回数として、3回までにとどめておきましょう。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その25
  • おごってもらったときのお礼は、3回言う。
次のページ >>
基本的に、出てきた料理は残さないこと。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品