人生の教科書



ビジネスマナー
バイキング(ビュッフェ)形式では、料理の前で立ち止まり続けないこと。
ビジネスマナー
バイキング(ビュッフェ)形式では、皿に何種類も盛り付けしないこと。
就職活動
OB・OG訪問では、飲食の注文にも配慮。
ビジネスマナー
料理中と運転中の電話は、とにかくやめる。
食事マナー
彩りや盛り付けが美しいほど、その裏には、料理人の苦労がある証拠。
食事マナー
中華料理では量に注意。
「1皿=一人前」とは限らない。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り0 読んだ
26

基本的に、
出てきた料理は残さないこと。

基本的に、出てきた料理は残さないこと。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

食事のときには「残さないこと」がマナーです。

朝食昼食夕食、また和食でも洋食でも、共通した食事マナーです。

  • 「そんなこと、分かっているよ」

そういう人に限って、大盛りの料理を注文して、食べきれなくて残してしまいます。

料理を注文する際に「食べきれるかな」と一考してから、注文する人は少ないのではないでしょうか。

お料理のオーダーをするときには、自分の空腹状態と照らし合わせて、食べられる量を注文します。

もし、量が分からないときには店員さんに聞くのもマナーです。

おなかがすいていないのに、食事を注文して残すのは、一緒に食べている人に不快だけでなく、料理を作ってくれた人にも失礼です。

年配者の中には「もったいない」と考える人もいることでしょう。

おなかがいっぱいになるお料理より「腹八分目」くらいになるお料理を注文しましょう。

どうしても食べきれなかったときは仕方ないのですが、極力、残さず食べられるような注文ができるようになりましょう。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その26
  • 食べきれる量の料理を注文する。
次のページ >>
立食パーティーでは、椅子を独り占めしないこと。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品