ビジネスマナー

社内ビジネスマナーの
30の基本

読んだ お気に入り18
2

「ご苦労様」と
「お疲れ様」の違いに気をつけよう。

「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。 | 社内ビジネスマナーの30の基本

ねぎらいの言葉には、次の2つをよく耳にします。

「ご苦労様」

「お疲れ様」

あなたにはこの違いが、はっきり分かりますか。

私は学生のときまで、この言葉の違いをあまり意識していませんでした。

どちらも同じような意味だと軽く考えて、適当に使っていました。

 

しかし、社会に出てからは、この言葉はまったく異なる意味を持つのです。

気をつけて、口にしなければいけません。

まず「ご苦労様」です。

この言葉は、新人の社会人が使う言葉ではありません。

目上の人が目下の人に対して使う言葉です。

新人が上司に「ご苦労様」という言葉を使うと、上司は顔をしかめるでしょう。

「偉いぞ。よく頑張ったな」という上から下を見下すような威圧的なニュアンスを与え、上司の気分を害してしまいます。

無難なところで言えば「お疲れ様」です。

お疲れ様には上下関係がありません。

相手の地位、身分、性別などを意識することなく、気軽に交わすことができる言葉です。

新人は、まず「お疲れ様です」という言葉を口癖にしておきましょう。

上司になっても「お疲れ様」という言葉は、もちろん使って大丈夫です。

上司になっても「お疲れ様です」と謙虚でいたほうが、部下からの人望を集めることができるでしょう。

まとめ

社内ビジネスマナーの基本 その2
  • ねぎらいの言葉は「お疲れ様」で統一する。
取り出したものは、使い終われば、元の場所に戻す。

もくじ
社内ビジネスマナーの30の基本
「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。 | 社内ビジネスマナーの30の基本

  1. 仕事マナーがあれば、嫌いな人とも一緒に仕事ができる。
  2. 「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。
  3. 取り出したものは、使い終われば、元の場所に戻す。
  4. 風邪を引いたときには、無理をせず休む。
  5. 風邪を引きかけているときには、マスクを付けておこう。
  6. いつの間にか二重敬語を使っていませんか。
  7. 報告・連絡・相談は、社会人としての基本マナー。
  8. 休暇届を、直前になって出すのはタブー。
  9. ストレスがかかっているときは、ストレスを感じない。
  10. 欠勤の連絡を、親にさせない。
  11. 遅刻連絡のときには「遅れる理由」と「目安」を伝えるようにしよう。
  12. 会社にある備品は、持ち帰ってはいけない。
  13. 長時間席を外す場合には、ほかの人に伝えておくこと。
  14. 言葉遣い(敬語・謙譲語・丁寧語)は、社会人にとって欠かせない技能。
  15. 社内の話を、社外で話してはいけない。
  16. 会社の上下関係は「年齢」ではなく「キャリア」である。
  17. ダメと言っている人が、ダメになる。
  18. デスクの上の整理整頓も、仕事の1つ。
  19. 挨拶をすれば、人間関係がよくなる。
  20. 挨拶は、言われる前に、言う。
  21. 失敗は、して落ち込むのではない。
    して、飛躍するのだ。
  22. いくらベテランでも、新しい職場では新人である。
  23. いくら定時が過ぎているとはいえ、直帰する場合には、会社に連絡をする。
  24. 社会人になってからは、悪い癖は無視できない。
  25. プリンターの使い方を覚えるのも、仕事のうち。
  26. クッション言葉で、言いにくい一言が、言いやすくなる。
  27. 机を長時間離れるときには、資料を出しっぱなしにしない。
  28. 独り言を言いながら、仕事をしない。
  29. マニュアルはあっても、頼りすぎない。
  30. 話しかけるときには、タイミングを考えよう。

同じカテゴリーの作品