人生の教科書



ビジネスマナー
誰もが一度は考える。
「仕事、辞めようかな」
ビジネスマナー
入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし!
ビジネスマナー
人付き合いこそ、一番の課題。
人間関係に苦労は、当たり前。
自分磨き
深みにはまりそうなら、最初から関わらないのが得策。
ビジネスマナー
ストレスがかかっているときは、ストレスを感じない。
成功哲学
勉強をしてから始めない。
始めながら勉強をする。
ビジネスマナー

新入社員が入社3年間に心がける
30のこと

お気に入り19 読んだ
1

入社3年間にできた差は、
後から取り戻せない。

入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。 | 新入社員が入社3年間に心がける30のこと

会社に新入社員として入社して、はじめの3年間は、なにより大切な時期です。

この3年間は、強く意識しましょう。

覚えなければならないことが山のようにあり、人付き合いも慣れていないため苦労をします。

一番下っ端ですから、自分以外はみな上司です。

まさに孤立無援。

毎日叱られてばかりであり、仕事を辞めたくなることもしばしば考える時期にあたります。

ですが、この最初の3年間をどう生き抜くかによって、その後の人生が決まるといっても過言ではありません。

この期間についた差は、後から取り戻すことができないほどの大きな差になります。

入社したときは、みな同じスタートラインです。

 

しかし、時が経つにつれて、少しずつ差が出てきます。

最初にできた差は、後になるほど、さらに大きな差へと変わります。

ゴルフのスイングと同じように、少し方向を打ち間違えると、ボールが遠くへ飛べば飛ぶほど、大きな差になるようなものです。

なにより、初めが肝心。

入社3年間は、社会人としての成長を決めるゴールデンタイムなのです。

この時期に得た勉強、マナー、経験、人付き合いは、基礎力となり、その後のあなたを強く支えることになります。

もちろん新入社員ですから、毎日叱られてばかりでつらいことでしょう。

ため息ばかりの毎日です。

 

しかし、自分がまだ成長段階だからこそ、つらいと感じることができているのです。

成長してしまえば、困難は簡単に乗り越えられます。

できないからこそ、難しく感じます。

分からないからこそ、大変だと感じます。

新入社員が「仕事が大変だ。やめたい」と思うことは「悩み」より「当然」であり、どう乗り越えるかによって、成長が決まります。

私の入社3年間は、苦労ばかりの毎日でした。

「こんな会社、やめてやる」と何度考えたことか、数え切れません。

仕事が大変と感じることは、当然です。

方法、知恵、技術も知識も何もありませんから、毎日が勉強でした。

上司に「こんなことも分からないのか」と言われながら、一つ一つ覚えていきました。

仕事中に分からないことは、家に帰ってから勉強したり、休日を使って本を読んだりしたものです。

しかし、今振り返って考えると、新人だからこそ大変だったのです。

何も知らない分からない初心者だから「しんどいなあ」と感じていたのです。

のちに仕事にも慣れ、技術も身についてしまうと、新人のころの抱いていた悩みはとてもかわいらしく思えます。

今、新人時代と同じ状況になれば、いともたやすく困難を乗り越えていける自信があります。

成長したからです。

知識があり、技術、人付き合い、マナーを知っているからこそ、どうすればいいのかという「答え」をすぐ出せます。

私が新人時代、1カ月かかった仕事がありました。

何千ものファイルそれぞれの、1行だけを書き換えるという作業です。

シンプルで単純な作業内容ではあります。

 

しかし、膨大な量のため、当時は「何て大変なんだろう」と思っていました。

今の私なら、10分で終わらせることができる内容です。

技術が身につき、どうすればいいのかを知っているからです。

私は何てささいなことに悩んでいたのだろうと、恥ずかしくなります。

新人時代は、何でも大げさに難しく感じます。

知識も知恵もないですから、ささいな作業に膨大な時間をかけてしまうことになります。

そのうえ、上司からも「そんなことも分からないのか」と叱られますから、自信をなくすことになるのです。

まとめ

新入社員が入社3年間に心がけること その1
  • 新人時代こそ、
    一番勉強する。
人付き合いこそ、一番の課題。
人間関係に苦労は、当たり前。

もくじ
(新入社員が入社3年間に心がける30のこと)

同じカテゴリーの作品