人生の教科書



ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り2 読んだ
28

立食パーティーでは、
決まりきった仲間で固まらない。

立食パーティーでは、決まりきった仲間で固まらない。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

なぜ立食パーティーを開くのかを考えれば、そのマナーもおのずから分かってきます。

椅子に座っての食事では、少人数が基本になります。

座席の移動も大変しにくいものです。

大勢の人が出席するパーティーでは、さまざまな人が混ざり合ってコミュニケーションをとってほしいと主催者側は考えています。

だからこそ、移動しやすく、たくさんの人と会話がしやすいようにするために、立食パーティー形式にしています。

もうお分かりですね。

立食パーティーにおけるマナーは、たくさんの人とコミュニケーションを取ることです。

いつも仲のいい決まりきった人とだけ固まって会話をするのはマナー違反です。

立食形式にしている意味がありません。

普段はなかなか話せない人や、話しかけそびれていた人に話しかけるチャンスです。

適度に場所を移動して、話したことのない人に話しかけるのもよいことです。

そういう機会を通じて、仕事の輪も広がるのです。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その28
  • 立食パーティーでは、できるだけたくさんの人と会話をする。
次のページ >>
バイキング(ビュッフェ)形式では、料理の前で立ち止まり続けないこと。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品