人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
電話対応は、新人だけの仕事ではない。
ビジネスマナー
「もしもし」の最初の一声を、ワントーン上げるだけで、会話は弾む。
ビジネスマナー
電話対応がよくても、姿勢が悪ければ、評価が落ちる。
ビジネスマナー
電話対応の理想は「早く取ること」と「丁寧な対応」。
ビジネスマナー
迷惑電話も、社会人としての対応を心がける。
ビジネスマナー
相手の身になり、電話をかけるタイミングを考えよう。

電話対応の
30のビジネスマナー

お気に入り11 読んだ
28

「もしもし」は学生言葉だった!
電話対応では
「もしもし」を使ってはいけない。

「もしもし」は学生言葉だった!電話対応では「もしもし」を使ってはいけない。 | 電話対応の30のビジネスマナー

私が社会人になったとき、先輩から電話対応について、たくさんマナーを教わりました。

特に「え? これもマナー違反なの?」と最も意外で驚いた電話マナーを紹介します。

「もしもし」を使ってはいけないというマナーです。

「まさか」と思う人もいるのではないでしょうか。

実は、社会における電話対応では「もしもし」を使ってはいけません。

ある日、仕事中に私へ連絡がありました。

  • 「水口君、電話だよ」

先輩から声がかかります。

そこで電話を取った私は、当たり前のようにこう言います。

  • 「もしもし、お電話代わりました、水口です」

 

しかし、電話を切った後に先輩から指摘を受けます。

  • 「水口君、『もしもし』は学生言葉だから使ってはいけないよ。『はい、お電話代わりました』といったほうがいいよ」

「もしもし」を使ってはいけないと指摘を受け、驚いたものです。

今まで20年以上も「もしもし」を使い続けていただけに、このときのショックは大きいものでした。

実は学生言葉なのだと、先輩から指摘を受け、初めて知ります。

社会人になってからは「もしもし」というところを「はい」と言わなければなりません。

「はい」と答えるほうが、きびきびした好印象を与えることができ、社会人らしいからです。

もちろん相手の声が聞こえにくいときには、わざと「もしもし」と言ってもかまいません。

 

しかし、電話対応の基本は「はい」で十分なのです。

電話対応のビジネスマナー その28

  • 電話で
    「もしもし」は、
    使わないようにする。
電話では、わざとゆっくり話そう。

もくじ
(電話対応の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品