人生の教科書



ビジネスマナー
バイキング(ビュッフェ)形式では、料理の前で立ち止まり続けないこと。
ビジネスマナー
基本的に、出てきた料理は残さないこと。
ビジネスマナー
料理中と運転中の電話は、とにかくやめる。
人生論
生きるとは、バイキング料理を楽しむようなもの。
好きなものから手をつけるのが一番。
金銭感覚
お金を払う立場でも、偉そうにならない。
恋愛がしたい
勉強は、常に体験の中にある。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り3 読んだ
30

バイキング(ビュッフェ)形式では、
皿に何種類も盛り付けしないこと。

バイキング(ビュッフェ)形式では、皿に何種類も盛り付けしないこと。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

私は、バイキング(ビュッフェ)形式が大好きです。

種類が豊富であり、好きなときに好きなメニューが選べます。

自分の好きなように盛り付けが楽しめ、お値段も手頃ですから、嬉しいかぎりです。

そんなバイキング(ビュッフェ)形式で、ときどきこんな光景を見かけます。

1つの皿に、4種類も5種類も山盛りで盛り付けている人です。

私は驚いてしまいます。

「何とかして元を取ってやろう」という下心が丸見え、丸出しだからです。

心の中が皿の上の状態から、よく分かります。

こういう人は、食事を楽しもうという気持ちより、お金を払った分の元を取ることで頭がいっぱいなのです。

お料理の味が損なわれるだけでなく、下品な行為が恥さらしになっています。

意外なマナーですが、1つの皿に山盛りでたくさんとるのもマナー違反です。

本来、バイキングは1つの皿に1つのお料理が基本です。

多くても2種類までです。

それ以上盛り付けるのがどうしていけないのか、お分かりでしょうか。

お料理の味が混ざり合ってしまい、せっかくのおいしさが損なわれてしまうからです。

1つの皿の大きさには、限りがあります。

「元を取らなければ」という気持ちが大きいと、小さな皿の上に4種類も5種類も盛り付けてしまい、山盛りになります。

 

しかし、たくさんの種類を盛り付けるほど、味が混ざってしまい、おいしくなくなってしまいます。

そういう人に限って「ここのバイキングはあまりよくない」という不満を漏らしています。

自分がそうさせているだけです。

たくさんのお料理を混ぜれば、おいしくなくなるのは当然です。

バイキングでは「1つの皿に1つのお料理」が基本です。

ほかのお料理を楽しみたいときには、別の皿が用意されていますから、そちらに盛り付ければいい。

それはマナー違反ではありません。

そのために、たくさんの皿があらかじめ用意されています。

何度も足を運び、いろいろな味を楽しむのがバイキングのいいところです。

「バイキングでは何度も取りに行くのが面倒」という人もいますが、本来は「何度も取りに行くのが楽しい」のです。

別にお料理が逃げるわけではないのですから、落ち着いてお料理を1つずつ楽しめば、それで元を取っていることになるのです。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その30
  • バイキングでは、皿に何種類も盛り付けないようにする。
次のページ >>
まとめ

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品