人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
誰もが一度は考える。
「仕事、辞めようかな」
ビジネスマナー
入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。
就職活動
就職活動に必要な金額は、およそ25万円。
就職活動
入社が決まった後のほうが、OB・OG訪問の価値が高い。
ビジネスマナー
抽象的を卒業しよう。
社会人からは、具体的が大切。
ビジネスマナー
基本言葉、言い忘れていませんか。

新入社員が入社3年間に心がける
30のこと

お気に入り15 読んだ
6

入社3年間は
「貯金」より
「自己投資」に比重を置くべし!

入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし! | 新入社員が入社3年間に心がける30のこと

新人時代、特に入社3年間に貯金をする余裕はありません。

初めて社会に出て、初めて仕事をする時期です。

たくさん学ぶことがあり、学ばなければならないことが山ほどある時期です。

時間に余裕もなければ、お金に余裕もありません。

勉強するために時間も必要です。

もちろんお金も必要です。

「将来のために貯金をしたい」という気持ちは分かりますが、入社して最初の3年間くらいは忘れたほうがいい。

心配する気持ちがあるなら「貯金」より「自己投資」のほうが賢明です。

本当に将来のことを考えるなら、自分磨きのために自己投資をするはずです。

仕事に必要な知識を学ぶために本を読んだり、社会セミナーがあれば積極的に出席したりします。

経済感覚を養うために新聞を毎日読む。

さらには人間としても魅力を高めるために、映画を見たり、習い事をしたり、英会話を習ったり、旅行をしたりなどです。

しなければいけないことは、まさに山積みです。

そうした蓄積こそ、お金を貯める以上に確実な安定をもたらします。

最初のスタートダッシュは、社会生活の中で最も重要な時期です。

それが入社してから3年間です。

自分を磨くためには、多少なりともお金は必要です。

若い時期は給料も少ない。

 

しかし、学ぶことはたくさんあり、勉強する時間もお金も惜しいくらいです。

そんな時期に貯金をしている人は、実のところ「何も勉強していない人」ではないでしょうか。

偉人や有名人の若いころの話では「昔は貧乏だった」という言葉が、必ず決まり文句になっています。

お金を稼ぐような実力を身につけられたのも、貧乏を覚悟で自己投資を積み上げた結果です。

自分磨きにお金を投資していたから、当時はまだ貧乏だったわけです。

「貯金をして有名になれました」という話もあり得ません。

貯金をしていては、技術も知識も知恵も、何も身につかないからです。

貯金を積み上げた結果、実力がつくことはありません。

若いころに貯金をしていては、余裕を作るどころか、むしろ余裕をなくしてしまいます。

せめて入社してから3年間くらいは、貯金のことは忘れ、一心不乱に勉強することです。

入社したばかりの時期に、守りに入るような節約は、逆に自分の首を絞めてしまいかねません。

貯金を心がけていると、何もしないことを心がけることになります。

 

「貯金=何もしない」です。

 

最も成長の盛んな入社3年間に、それだけは避けてほしい。

入社3年間に勉強しなくて、いつ勉強するのでしょうか。

自分のお金でたくさん勉強をして、自分を磨くことが大切なのです。

新入社員が入社3年間に心がけること その6

  • 入社してから3年間は
    「貯金」より
    「自己投資」に、
    比重を置く。
実績は、姿勢によって作られる。

もくじ
(新入社員が入社3年間に心がける30のこと)

同じカテゴリーの作品