人生の教科書



ビジネスマナー
内部の機密情報を、外で口にしてはいけない。
ビジネスマナー
基本的に、出てきた料理は残さないこと。
ビジネスマナー
食事中に携帯電話を触らない。
ビジネスマナー
レストランで店員を呼ぶとき、大声を出さない。
ビジネスマナー
仕事で喫茶店へ行く場合は、周りに合わせて注文すること。
ビジネスマナー
おしぼりで、顔を拭いていませんか。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り1 読んだ
8

食事中に会話をしてもいいが、
口に食べ物を入れたままは厳禁。

食事中に会話をしてもいいが、口に食べ物を入れたままは厳禁。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

「食事中の会話」は、もちろん問題ありません。

仲のいい人とする食事中の会話は、さらに仲良くなるチャンスです。

仕事の人と食事に行けば、普段の業務ではできないような会話ができ、より結束力が強まります。

食事を共にすると、仲良くなりやすいという心理的な効果もあり、恋愛においても有効です。

そんな魅力的な食事の効果ですが、1つだけ注意があります。

 

「口に食べ物を入れたまま会話をしないこと」です。

 

食事中に会話をしてもいいのですが、口をもぐもぐとさせながら話をするのは、かっこ悪いものです。

口の中の食べ物が相手に見えてしまい、下品です。

食事中は、口の中の食べ物が、飛び出るかもしれません。

食べるときの噛む音も目立ち、相手に不快感を与えます。

もちろん食事中は絶対に話してはいけないわけではありません。

「話すときには話し、食べるときには食べる」という区切りをきちんとつけることが大切なのです。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その8
  • 口に食べ物を入れたまま話すのは、やめる。
次のページ >>
飲みに行っても、翌日の仕事に支障を来さないこと。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品