人生の教科書



ビジネスマナー
乾杯のときに、グラスをかちんと合わせてはいけない。
ビジネスマナー
食事中に携帯電話を触らない。
ビジネスマナー
仕事で喫茶店へ行く場合は、周りに合わせて注文すること。
ビジネスマナー
食事中に会話をしてもいいが、口に食べ物を入れたままは厳禁。
ビジネスマナー
内部の機密情報を、外で口にしてはいけない。
ビジネスマナー
内輪にしか分からない話題は、控えよう。
ビジネスマナー

ビジネスパーソンのための
30の食事マナー

お気に入り0 読んだ
10

乾杯のときには、
お酒が飲めなくても口だけはつける。

乾杯のときには、お酒が飲めなくても口だけはつける。 | ビジネスパーソンのための30の食事マナー

終業後に社員で集まり、お酒を飲むときにはお決まりの「乾杯」があります。

みんなで楽しくお酒を飲めれば、会話も弾み、チームの結束も強くなります。

 

しかし、残念なことに人によっては、お酒が苦手という人がいます。

ほんの少しの量でも顔が真っ赤になり、酔いやすい体質の人がいるのもたしかです。

飲めない人に、無理やり飲ませるのも健康によくありません。

とはいえ「お酒が飲めない」という理由で、場の乾杯の様子を見ているのも、雰囲気が壊れます。

こうしたときには、一応グラスにはお酒を注いで、乾杯のときに口だけつけるようにしましょう。

飲まなくてもいいので、その場の雰囲気を壊さないように、乾杯をしてグラスに口だけをつければいいのです。

乾杯の後に、こっそりウーロン茶やジュース類など、口にできる飲み物をオーダーすればいいのです。

これなら、お酒が飲めない人でも雰囲気を壊さず、参加できます。

飲めない体質なのに無理をして飲み、次の日、会社に出社できなくなるほうがもっといけません。

まとめ

ビジネスパーソンのための食事マナー その10
  • 乾杯のときには、飲めなくても口だけはつける。
次のページ >>
勢いに乗っても、酔いつぶれてはいけない。

もくじ
(ビジネスパーソンのための30の食事マナー)

同じカテゴリーの作品