人生の教科書



食事マナー
食事で元を取ろうとする考え方は、卒業する。
食事マナー
立食パーティーの立ち位置で気をつけたい3つの場所。
食事マナー
簡単そうで、奥が深い立食パーティーのマナー。
食事マナー
早めに帰る際は、大げさに挨拶しないこと。
食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り1 読んだ
6

立食パーティーの成功の鍵を握るのは、
服装より靴。

立食パーティーの成功の鍵を握るのは、服装より靴。 | 立食パーティーの30のマナー

多くの人と会うとなると、やはり力を入れるのは「服装」ではないでしょうか。

立食パーティーでは、長時間立ち続けなければいけない状況です。

座ることはほとんどありません。

そうした状況でポイントになるのは、服装より、靴なのです。

足が疲れにくい靴を履いていれば、体力の消耗が小さくなり、交流に専念しやすくなります。

疲れというのは、自然と表情に出てくるものです。

足元の疲れが、いつの間にか表情の悪さにつながり、せっかくの初対面の印象を悪くさせてしまいかねません。

初対面のときに疲れた顔をしていると、どんな美男美女も台無しです。

「服選び」より「靴選び」のほうがはるかに重要です。

いかに疲れにくい靴を選ぶか。

男性なら、履き慣れた革靴でOKです。

問題は女性の場合です。

女性の場合、かかとの高いヒールは控えたほうがいいでしょう。

かかとの高いハイヒールは、足をスリムに長く見せる効果がありますが、立食パーティーでは不向きです。

足元が不安定になりますし、足が疲れやすくなるからです。

ヒールを履くなら、かかとが低いもので履き慣れた靴がおすすめです。

長時間経っても疲れないような履き慣れた靴で、立食パーティーに臨むようにしましょう。

まとめ

立食パーティーのマナー その6
  • 長時間、
    立ち続けても疲れにくいような靴を履く。
立食パーティーでは、いきなり知らない人に話しかけても、好意的にとらえてもらいやすい。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品