人生の教科書



ストレス対策

いらいらしない人になる
30の方法

お気に入り41 読んだ
29

できないことは見ない。
できるところだけを見つめる。

できないことは見ない。できるところだけを見つめる。 | いらいらしない人になる30の方法

できないことばかりを見ていると、心が小さく狭くなります。

「あれもできない、これもできない、それもできない……」

できないことばかりに注目を向けていると、当然いらいらもしやすくなります。

自分はなぜこんなにできない人間なんだとへこんでしまいます。

そうではなく、できることだけに注目すればいいのです。

不可能ではなく、可能を見る癖をつけましょう。

「あれもできる、これもできる、それもできる……」

できることだけを見ていけば「なんだ、自分はこれほどできるではないか」と余裕が出てきます。

他人と比較し、できないことばかりを見ているから、落ち込んでしまったり、いらいらしたりしてしまうのです。

私は、ピアノができません。

イタリア語もフランス語もできません。

苦手なグリーンピースやレバーを、食べることができません。

 

しかし、本をたくさん読むことならできます。

ウェブサイトを作れます。

サーバーの運用もできます。

できないことは、そのままでいいのです。

できることだけを見て、喜んでしまえばいいのです。

まとめ

いらいらしない人になる方法 その29
  • できるところだけを、見つめる。
次のページ >>
他人と比べない。
いっそのこと、他人を見ない。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品