人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ストレス対策
思いどおりにならないことは「それでよかった」と考えよう。
暮らし
体が重く感じるのは、上に上がっているから。
スキンケア
しみを消す一番の特効薬は、元気と笑い。
住まい
自分らしい部屋にするなら、模様替えや装飾よりごみ捨て。

いらいらしないになる
30方法

お気に入り10 読んだ
13

かす機会
自分からてていませんか

体を動かす機会、自分から捨てていませんか。 | いらいらしない人になる30の方法

  • だか矛盾しているなあ」

私は今、フィットネスに通っていますが、不思議な光景をたびたび目にします。

体を動かしに来ているフィットネスで、エレベーターを使っている人です。

おかしな話だと思いませんか。

体を動かすために高いお金を払って、わざわざ来ているのに、階段を使わずエレベーターを使っているのです。

意味がありません。

「体を動かす機会がなくて」という理由からフィットネスに通う人が多いですが、こういう人に限ってエレベーターを使います。

骨折のような、仕方ない事情があるなら、まだ分かります。

着替え室が10階にあって、階段がつらければ、エレベーターを使ってもいいでしょう。

 

しかし、五体満足の健康な人が、たった3階へ行くくらいのことで、エレベーターを使っているのです。

自分から、わざわざ体を動かす機会を捨てています。

こういう人は「面倒だ。疲れる」という理由で、ついエレベーターを使ってしまうのです。

体の筋力を鍛える前に、心の筋力を鍛える必要があるようです。

心の筋力が衰えているくらいですから、体を動かさないような生活スタイルになっています。

歩くより、エレベーターやエスカレーターを使い、体を動かさないので、いらいらしたことを発散できにくい日常になっています。

体の筋力は、心の筋力が先にあって鍛えられます。

「やるぞ! 頑張るぞ!」と張りのある心の筋力があり、次に体の筋力が鍛えられるのです。

あなたは「体を動かす機会がなくて」が口癖になっていませんか。

本当に日常の中で、体を動かす機会が1つもありませんか。

エレベーター、エスカレーター、自転車、車、電車など、自分を甘やかしているだけではないでしょうか。

よく見渡せば、体を動かす機会はたくさんあるはずです。

体を動かす機会を、自分から捨てていませんか。

いらいらしない人になる方法 その13

  • かす機会を、
    てないようにする
いらいらは、吐き出し方によって、非行にも成功にもなる。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品