人生の教科書



ストレス対策

いらいらしない人になる
30の方法

お気に入り49 読んだ
19

話しかけると、
壁がなくなる。

話しかけると、壁がなくなる。 | いらいらしない人になる30の方法

いらいらさせるのは、コミュニケーションをきちんととっていない人との接触です。

会話をしっかりしている人とは疲れません。

悪いふうに妄想をしないからです。

仲のいい友達のことを、妄想しませんよね。

それは日頃から、まめにコミュニケーションを取っているからです。

会話を頻繁にしているから、相手のことを知ることができ、もはや妄想をする必要すらありません。

すでに知っているからです。

妄想を膨らませるのは「まだコミュニケーションをきちんととっていない人」とです。

  • 片思いの人
  • 仲の悪い友達
  • 喧嘩をした相手

こういう人たちに対して、妄想してしまいます。

会話の量が少なく、相手とのコミュニケーションができていないため、相手のことが分からないからです。

  • 「どんな人なんだろう」

  • 「何を考えているんだろう」

  • 「私のことをどう思っているのだろう」

勝手に頭の中で考えます。

考えて、悩んで、疲れて、壁を作ってしまい、いらいらします。

話しかけることは、相手を知ることになります。

恥ずかしい、疲れるといいますが、話しかけないほうがもっと疲れるのです。

話しかけると、最初は緊張しますが、後から楽になります。

相手のことを知れば、妄想がなくなります。

まだ話しかけたことのない人に、話しかけてみましょう。

まとめ

いらいらしない人になる方法 その19
  • 話したことのない人に、
    話しかける。
文句や不満を言う人ほど、キレることはない。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品