人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
生き方
目的があるから目標がある。
ストレス対策
価値観を捨てると、いらいらも消える。
成功哲学
何をしたいのかが分からないと、何をすればいいのかも分からない。
ストレス対策
寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。
ストレス対策
体を動かせば、いらいらもなくなる。
生き方
「やらされる」から「やる」へと変えよう。

いらいらしないになる
30方法

お気に入り79 読んだ
17

目標ていると、
いらいらする
目的ていると、
いらいらしない

目標を見ていると、いらいらする。目的を見ていると、いらいらしない。 | いらいらしない人になる30の方法

くを見つめていると、いらいらしやすくなります。

遠くを見つめていると、いらいらしなくなります。

遠くにある存在のほうが、動きが小さく、安定した存在だからです。

それは、人生においても同じです。

近くにあるものとは「目標」にあたります。

遠くにあるものとは「目的」にあたります。

どんなことにもいえますが、目標は、必ず目的が前提になっています。

「人を助けたい」目的があれば「医者」という目標ができ、その手前に「医学学校へ通う」目標ができます。

またさらに、その手前に「勉強」という目標ができます。

目の前の目標というハードルを一つ一つクリアしていきますが、本当に向かうべきところは「人を助けたい」という目的です。

それが最終的な目的地です。

目の前の目標に振り回されていても、遠くにある目的をしっかり意識していれば、少々のことではいらいらしなくなります。

進むべき方向性が分かっているため、修正や改善も対応しやすくなるからです。

目的地へ向かう道のりがひととおりでないように、人生の目的にたどり着くためにも、ひととおりの道だけではありません。

さまざまな道を視野に入れながら、ベストな道を選択します。

1つの道がふさがっていれば、別の道を歩めばいい。

そういうことは、目的があってこその話です。

遠くにある目的を見ているから、できるようになります。

遠くを見ていると、安定します。

目的を意識していると、心が安定するのです。

あなたが今、走っている先には、どのような目的がありますか。

いらいらしない人になる方法 その17

  • 目標より、
    目的つめる
まめにコミュニケーションを取る習慣で、いらいらを解消しよう。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品